ベイリー・ソク(bailey sok)はお茶目でキュートな人気ダンサー

「ベイリー・ソク(bailey sok)はお茶目でキュートな人気ダンサー」のアイキャッチ画像

 人気ダンサー(ベイリー・ソク)

Bailey Sok (ベイリー・ソク)

本名はベイリー・ドリュー・ソク

2004年2月24日生まれ、出身は韓国

カリフォルニア育ちの15歳のダンサー

彼女の母親はミスコリア―

最初に動画を見た時は日本人?と思いましたが、名前を見て「あっ違う」と。

でも結構可愛いし、ダンスも好きなヒップホップスタイル。日本と同じアジアだけに親しみを感じます。

特に最近ではMatt Steffanina(マット・ステファニーナ)と、友人であるKaycee Rice(ケイシー・ライス)とコラボレーションでダンスする動画が多い。

ベイリーも笑顔が絶えない可愛いダンサー。

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)の曲
you should see me in a crown
で踊るベイリー&ケイシー、振り付けはジョジョ・ゴメス

ダンスのきっかけは彼女の母親。

ベイリーの姉妹のダンスクラスで「2人の子供に授業料を支払うと、1人が無料になる」というオファーを受ける。

さっそく母親はベイリーを、そのクラスに入学させることにしました。

最初に入った彼女のクラスはタップダンス。それから色々なダンスを学ぶこととなり、ステージに上がるまで上達。

そして彼女はアメリカのGot Talentのシーズン9で、彼女のグループBuns&Rosesの一員としてGot Talentに出演。

ダンスプレシジョンのステージ。もうすでに完成されたダンスパフォーマンスです。この時8歳。

しかし、他のThe Pulse on Tourに参加していて途中で辞退したそうです。

ゴットタレントを辞退しても出るぐらいの
The Pulse on Tourってどんなん?って思い調べました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

notice anything different? 🤪

bailey✨(@baileysok)がシェアした投稿 –

それは非競争的トレーニングに焦点を当てた、国際的なダンスコンベンションとワークショップ。

ここでダンスを学んでいるダンサー、そして卒業すると有名アーティストとダンスの競演、テレビ出演などをほぼ約束されたも同然だそうです。

そう言えば「ワールド・オブ・ダンス(シーズン3)」にジュニアダンサーとして出場していた
ジュリアン・ディグスマンシャーリーズ・グラス)。

かれらもここでダンスを学んでいたのを考えれば、その実力は言うまでもありません。

またエミー賞、VH1賞、ティーンチョイス賞、MTVムービー賞などにノミネートされるダンサーに。

2017年にマッケンジー・ジーグラー、ケイシー・ライスなどと共に、お気に入りのダンサー17歳以下のダンスアワード賞にノミネート

そして10歳のときにトリシア・ミランダのクラスで「アナコンダ」の振り付けをしている時、彼女の今の親友であるケイシー・ライスに初めて会う。

そしてそれ以来の友達関係。

今では4,000万回以上再生されているトリシア・ミランダ振付けのアナコンダ。

ベイリーとケイシーのダンスシーン。

ベイリーは8年生(日本で言う中学2年生)のとき、オンラインでホームスクーリングを受けていました。

学校とダンスの両立、全米の各地区に行ってダンスするには、学校での教育はやっぱりかなり厳しい。

アメリカではこの教育システムを取り入れている人が多いようです

そんな環境の下でダンスと学業を両立。

それからの彼女は、後にS-Rank のリーダーである(「Melvin Timtim」メルヴィン・ティムティム)のヒップホップダンスに、強い影響を受けました。

メルヴィンのカッコいいダンスは、エミネムの高速ラップLucky You

 

そうして彼女を有名にしたのが

  ワールド・オブ・ダンス(シーズン2)

S-Rankの女性ダンスクルーとして、このシーズン2に出場。それによってかなり有名になりました。

最終決勝まで残ったダンスチーム。その名の通りS-Rank級のダンス

もはやS-Rankの顔と言っていい彼女。

第3ステージ「CUT」のダンスシーン。センターで腕を折るような動きに、思わずジャッジも笑うしかない!!

同じくしてショーン&ケイシーも同じシーズン2で、ジュニアダンサーとして出場していました。

部門別ファイナルまで進んだケイシー&ショーンとS-Rankのベイリー。

ゴットタレントと同じぐらい人気のダンス番組。

ここで活躍すると、人気になるのも当然だと思われるし、それぐらいダンスに長けています。

見事なダンスフォーメーション。曲のタイトルと同じく「DNA」は

Melvin Timtim」メルヴィン・ティムティムの血を受け継ぐS-RANKのダンサー。

人気絶頂のマルチプラチナ・アーティスト、(ジェイソン・デルーロの「Tip Toe」)のダンス。

振付けはマット・ステファニーナ。コミカルなダンスも彼女の特徴、そして笑顔がやっぱりかわいい。

振付け師ベイリー

ダンスの幅を広げるために最近は、コンテンポラリーを中心に、ダンスに取り組んでいるようです。

このダンスを見れば、ベイリーのインスタグラムには85万人以上、YouTubeには14万人以上の登録者がいるのも納得。

すでにインスタは171万人に達成しています驚異の伸び方ですね!

You tubeもすでにほぼ倍の、27.5万人になっています。

ダンサーと言う枠で調べるとインスタトップは、マディー・ジグラーの1377万人。

 

そして2位は、このブログでも紹介している「テッサ・ブルックス」の900万人。

他にも超有名なダンサーや振り付け師はいますが、この二人は他を圧倒しています。

あわせて読みたいテッサ・ブルックス

この冬に公開するミュージカルをベースとした、豪華キャストが勢ぞろいする映画『キャッツ』。

ミュージカル『キャッツ』に登場する猫のMacavity(マキャビティ)。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Loving this @catsmovie crew fur-real! 🐱 See Cats in theaters December 20! #sponsored #CatsMovie

bailey✨(@baileysok)がシェアした投稿 –

その(マキャビティ)になりきりダンスするベイリーとダンサーがカッコイイ。

にゃ~♥と言って踊てるかどうかはわかりませんが^^。


ミュージカルさながらの振付けはカリスマ振付け師(ジョジョ・ゴメス)。

アジア出身のベイリーの活躍がこれからも目が離せません。


同じ韓国ダンサー「メイジェイ・リー」も可愛いダンサーです。

あわせて読みたい「メイジェイ・リー」

 

まもなく公開する『キャッツ』の予告が見れます。かなり面白い映画でテイラー・スウィフトも映画に出演、そして音楽を担当。

Site: https://www.catsmovie.com/
マキャヴィティ

 ワールド・オブ・ダンス(シーズン4)

ベイリーがあの人気ダンス番組「NBC ワールド・オブ・ダンス(シーズン4)」に出場。

予選「Qualifiers 1」。今回はSーRANKのメンバーではなく、Hip-hop duo「 Bailey & Kida」として。


デュオを組むダンサーは、ダンスオーディション番組「So You Think You Can Danceの“エピソード13”にて見事優勝した「Kida The Great」。

果たして予選通過したのかどうか?

審査方法はX-ファクターと同じような方法で、審査員3人(ジェニファー・ロペス、ニーヨ、ディレク)がイエスorノーのどちらかで答える。

結果はまだわかりませんが、このダンスを見れば通過したと思います。

The Duels 2020
 
見事に予選通過したBailey & Kida。前回よりもレベルアップしたダンスに注目です。

(DULS)決戦

気になるベイリーの「NBCワールド・オブ・ダンス(シーズン4)」の結果は?

あわせて読みたい

NBCワールド・オブ・ダンス(シーズン4)

東京ダンスヴィレッジ