ヒップホップ最高の女性振付師(バイバー・クリンツ)のダンス

「ヒップホップ最高の女性振付師(バイバー・クリンツ)のダンス」のアイキャッチ画像

 Baiba Klints (バイバー・クリンツ)

33カ国以上からトップレベルの参加者が集う、世界最高のストリート・ダンス・ワークショップがアーバンダンスキャンプ。

その有名なアーバンダンスキャンプで講師として知られるようになった、国際的なダンサー兼振付師。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

The Future is Now ⚡️

Baiba Klints(@baibaklints)がシェアした投稿 –

1998年11月12日生まれの31歳、出身はラトビア。ヨーロッパとアジア中心に、29か国でダンスを教えている。

ストリート・ダンス界では世界一定評のある、ワークショップのアーバンダンスキャンプ。

そのキャンプは、中級から上級そしてプロを対象にしたハウス、ヒップホップ、ロックダンス、ストリートジャズ、ジャズファンクなどの振付を提供しています。

その中で彼女はヒップホップの振り付けを。

あのディトーイアン・イーストウッドも、そしてジェイク・コーディッシュもここで講師をしていました

カッコいいパワフルな振付けと、その笑顔がなんとも言えないバイバー・クリンツ。

ちなみに今年の2019年YouTubeで、24時間の再生回数の最高記録を出した(再生回数が何と7,500万回)。

それがインド人ラッパーBadshahの曲「Paagal」。

バイバー・クリンツもダンサーとしてこのMVに主演していました。

韓国の男性バンドBTS(防弾少年団)が持っていた記録(7450万回)を更新。

って知っていました?インドの人口が約13億人。それの1割が見れば達成かと思うのですが。

曲はどうかと言うと可もなく不可もなく、この記録を知らないと多分聞かない曲。

もしくはインドのボリウッドを知らないと、絶対に知ることのない曲かもしれません。

こんな感じの曲です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Baiba Klints(@baibaklints)がシェアした投稿

 カッコいいダンス

ワールドオブダンスのシーズン3にアッパーダンサーとして出ていたThe EZTwinsとのコラボレーション。

余裕の笑顔がうかがえるが、その切れは半端ありません。ヒップホップ振付師ナンバーワンのダンス。

今年の2019年ワークショップ講師として、来てたジェイク・コーディッシュとのコラボダンス。

曲は今年話題になったカミラ・カベロとショーン・メンディスのセニョリータ

大ヒットした映画スーサイド・スクアッド (Suicide Squad)

その主題歌を歌って時の人になったラッパーKehlani(ケラー二)の曲

CRZY

二人の男性ダンサーを従えて踊るその姿は、パワフルでシャープなダンスはとても魅力的。

グラミー賞を含む約40にも及ぶ受賞歴の持ち主、スーパースター=クリス・ブラウンの曲poppin

その振り付けで踊るバイバー・クリンツとダンサー達。ストリートガールのダンスは必見です。

このアプリを使って彼女のダンスが学べます。

数十人の振付師がそろっています。そこから好きなダンサーを選んで、オンラインダンスアプリ。

しかしすべて英語なので、ちょっとわかりにくいかも知れません。

英語堪能な方はトライしてみる⁇

 

STEEZY Studio – Learn To Dance

彼女のビデオはとっても見やすい、そのほとんどが1分少々のビデオ構成になっている。
 
自分のダンスだけを観てって言うような感じがします。

他の有名な女性ダンサー(ジョジョ・ゴメス)や(ディレイニー・グレイザー
ディトー)、(ケイシー・ライス)とは違うもっとシンプルで、シャープな振付けのストリートヒップホップ。
 
男性で言えば(ジュリアン・ディグズマン)にタイプが似ていると思います。

彼女みたいに男性ダンサーを従えて、センターで踊ってみるのもいいかも知れません?。
 
あなたもそう思うでしょうか?