Heart Beet(ハートビート)震えるハートが燃え尽きるまで

Heart Beet(ハートビート)震えるハートが燃え尽きるまで

 ジャンルを超えた(ハートビート)の映画

ニューヨークを舞台に夢をかなえるために奮闘する若者たちの姿。ジャンルを超えた音楽とダンスを融合させて描いたエンタテインメント。プロのバレエダンサーを目指してニューヨークにやってきたルビーは、ある日、地下鉄でバイオリンを演奏するイギリス青年のジョニーと出会う。

2人は徐々に惹かれあっていくが、ルビーは奨学金資格はく奪の危機に直面し、ジョニーはバイオリンを盗まれた上にグリーンカード詐欺に遭ってしまう。

追い詰められた2人はヒップホップダンスチーム“スイッチ・ステップス”を誘い、お互いの夢を叶える為、“弦楽器&ダンスコンクール”に出場することになるが…..主人公ルビー役は、ロシアの名門バレエ団で活躍し、本作で女優デビューを果たしたキーナン・カンパ。

ミュージシャンとしても活躍するニコラス・ガリツィンがジョニー役を演じた。(エクス・マキナ)にも出演したソノヤ・ミズノが、ルビーの同居人ジャジー役で共演。果たしてコンクールの行方は地下鉄のダンスバトルから物語が始まる。

ここのダンスもプロの集団で構成されています。映画以外でもニューヨークは普通にこんなシーンに会えるのがニューヨーク?イアン・イーストウッドもここが映画デビューです。

Amazing Dance battleがここで見れる

ニューヨーク地下鉄のダンスシーン
この地下鉄のダンスバトルから物語が始まる。
 

なんど見ても美しい「キーナン・カンパ」。バレエが史上最高のダンスと言っても過言では無いでしょうか?何回スピンするのか?「グラン・フェッテ」や「ピルエット」まったく軸がブレ無い、これが世界最高峰のダンスレベルです。

空中に飛び上がって足をトントンと合わせる「ブリゼ」普通は少しだけ跳ね上がるだけですが、その高さにア然とする最高のシーン。

キーナン・カンパ


 

主題歌ウェイトレス

 アイリッシュダンス  

最初はテーブルの上でタップダンスを踊っていたが、それを見ていたルビーとジェシー。一緒に来ていたバレエ仲間がテーブルの上に乗って、4人でアイリッシュダンスを始める。

一糸乱れぬダンスシーンが見ものです。さすがバレーで鍛えた体アイリッシュダンスも簡単にこなしていきます。

 ヴァイオリンバトル

ダンスバトルではなく、ヴァイオリのバトルシーン。ヴァイオリンでもバトルが出来るなんて、予測不可もちろんレベルも最高水準それに、そのヴァイオリンに合わせて踊るヒップホップダンスも最高。こんなバトルは初めてみました。必見。

 コンペの行方へは

最後はダンスコンペティション、優勝出来るのか?ジョニーのオリジナル曲と、ヒップ・ホップダンスをあわせたファイナルダンス。最初首から下げたドラムを叩くところから始まります。

ジョニーの強烈なオリジナル曲が心にしみわたります。”スイッチ・ステップス”とのダンスとクラシックの融合。コンテンポラリーが苦手だったルビーのダンスは?ジョニーのオリジナル曲はクラシックコンペで受けいられるのか?観客、審査員の判定は?