FULU 雨が降ると君は優しい最終話 彩を救うのはそれしか無い、それとは?

FULU 雨が降ると君は優しい最終話 彩を救うのはそれしか無い、それとは?
スポンサーリンク

最終話

  信夫の心はついに崩壊していまうのか

立木信夫 (玉山鉄二) はラブホから出てきた
(佐々木希) を目撃。これほどまでに愛を
注いでも
妻のセックス依存症は治っていな
かった。事実に
打ちのめされ、信夫の心は
ついに崩壊してしまう

しかし、そんな信夫を見たは、なぜだか顔
ほころばせた直後、彩はカウンセラー・
早川志保 (木村多江)
のもとにまだ幼い娘を
置き去り
にして、姿を消してしまうその頃、
心配する父・倉田和馬 (陣内孝則) を拒絶

惚のまなざしで大物作家・小野田史郎 (古谷
一行)
を選んだ平川百合 (奈緒) は、“儀式”
と称した禁秘の
行為を要求されていた。
そんな百合に、さらに
恐ろしい“魔の手”が

忍び寄る 一方、信夫は、ふとした娘の言葉
から、の口からは聞かされる
ことのなか
った“秘密”を知ることになる。そして
この
“秘密”が、信夫に最後にして最大の決断を
させ
るそれは手の事  その手とは?

  雨が降ると彩は優しいし、依存症を抑えるのは離島で隔離するしか無いでしょう

ホテルから出てきた時にその姿を見られた
それを見た信夫。まずいですね。
決定的瞬間。言い逃れは出来ない。そこで
何か開放されたような表情、対する
別れる決断をしたと思います。

それから彩は小早川の所に行き一切の事を
話す。
信夫から決定的な言葉を聞きたいた
めに戻って
きた。彼の限界を超えるまで、
嫌われたいし
嫌われたくない。全く矛盾し
た言葉です。
別れを告げる決定的な言葉、
離婚の言葉を
聞いてバリバリドッカーン
てまた変な
言葉を話す彩。

その時にふと彩のセリフで嫌われたいし
嫌われたくない。を聞いて思い出した曲
があります。アメリカのアーティスト
(Jhené Aiko )ジェーンアイコの「The
Worst 」です。全米でゴールド
ディスク
に認定されたシングル曲
ハーフの日系アメ
リカ人の(Jhené Aiko )

ジェーンアイコ「The Worst」
I don’t need you
あなたなんか要らない
But I want you
でもあんたが要るのよ
I don’t mean to
そんな意味じゃあ
But I love you
でも恋してる

you tubeで9000万再生の曲です.

アルコール依存症の倉田はまた酒を飲んで
トラックに轢かれそうになり、それを聞か
された平川百合は、小野田史郎邸から出て
いって病院に行く事に。

病院で倉田は、別段変わったことは無く,
轢かれそうになったショックでその場に倒れ
込んで、病院に担ぎ込まれただけでした。
配した人が来ている病室で小早川志保の事
を、
ヤスコと亡くなった妻の名前で言う。
聞いた皆は
呆然とする。小野田史郎は、罪
の意識からかも知
れないが、平川百合を監
禁していた離れの建物を
燃やし、そこで、
息絶える。

小早川の所から逃げ出した新城玲子
用意した部屋でタオルケットを身にまとい
ベット寝ている。顔をだそうとはしないが、
ベットの前にテーブルとパソコンが有り、

新城玲子がもって来たスマホで信夫と子供の
毎日の生活を映した動画を見ている。動画の
中で手を振る2人、何と築100年たった
島の家で暮らしている様子を映し出した動画

は楽しいさ満杯です。

遂にその動画の中で、信夫と初めて名前
を、
シャレにならないぐらい雨が多いん
だよ」と
何度も何度もそのシーンを繰り返し
て見るホントに何度も何度も、そこしか見
てないようで
何度も繰り返し見ることでやっ
と決心がつき
二人のもとに駆けつける、感
動の再開?で
終わりますが、赤いムカデは雨
降りと
人里離れた場所で過ごすしか防ぎよう
無いと思いました。

だってそうでしょう。わざわざ離島に、それ
1日2便の船、欠航よくあるし、台風の時
一ヶ月来ない。住んでいる人は高年齢者で
す。
この島を出ることはなかったと言ってま
す。

がある程度の年が重なり45歳位の時
が都会に出ていった時にまた再発するのか
見てみたい。どうかその続編を、まあ無いか

 信夫と子供の二人は一緒じゃんと言う

子供の手の重大な話。
信夫に最後にして最大の決断をさせる
それは手の事  その手とは?今の家を
離れる前に子供と約束をした時のこと
今度の休みの日に何処かに行く約束をして、

指切りをしようとした時です。子供が指切り
が出来ない、小指以外も一緒についてくる
ので小指が立たない、それを見て信夫は確信
自分の子供時代に指切りが出来ない。他の指
一緒につられて出来ない。そう自分の子供
だと。二人は一緒じゃんと言う。
子供を使って涙を誘うかのシーン。BGMも
その雰囲気にあった曲を使う常套手段これ
で涙を誘うとするのがミエミエです。

特にジーンとしたとか、涙が出たとかは
無かった。普通は感動のシーンなのですが、
信夫さんの名演技そのように感じた人も多いと
思いますけれど何かもう一つの様に
思ったりしました。

それよりも
Boz Scaggsの”We’re All Alone”
この曲が船から降りたを見つめる信夫と娘
の再開で流れだす時一層感動したと思うのは
自分だけでしょうか?

時、場所を選ばずして、感動を与えてくれる
のは
音楽だけだと
ねえ、姫そうでしょう?
涙とともにもう一度聞いてほしい Boz Scaggsの”We’re All Alone”

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。