FULU雨が降ると君は優しい最終話 彩を救うのはそれしか無い、それとは?

「FULU雨が降ると君は優しい最終話 彩を救うのはそれしか無い、それとは?」のアイキャッチ画像
4.85

内容

5.0/5

主人公

4.8/5

人気

4.9/5

おすすめポイント

  • 話題の「佐々木希」体当たりの作品
  • 壮絶な依存症との闘い

ここがいまいち

  • ちょっと活舌が?

最終話 信夫 (玉山鉄二):彩(佐々木希):小早川志保 (木村多江):倉田和馬 (陣内孝則):小野田史郎 (古谷一行):平川百合 (奈緒)

  信夫の心は崩壊?

信夫はラブホから出てきた彩を目撃。これほどまでに愛を注いでも妻のセックス依存症は治っていなかった。事実に打ちのめされ、信夫の心はついに崩壊してしまう。

しかし、そんな信夫を見た彩は、なぜだか顔をほころばせた直後、彩はカウンセラー・小早川志保 のもとに。

まだ幼い娘を置き去りにて姿を消してしまう。その頃心配する父・倉田和馬 を拒絶していた百合。

恍惚のまなざしで小野田史郎 を選んだ平川百合 は、“儀式”と称した禁秘の行為を要求をされていた。


それよりもBoz Scaggsの”We’re All Alone”この曲が船から降りた彩を見つめる信夫と娘の再開で流れだす時、一層感動したと思うのは自分だけかも?

 時、場所を選ばずして、感動を与えてくれるのは音楽だけだと ねえ、姫もそうでしょう?

涙とともにもう一度聞いてほしい Boz Scaggs “We’re All Alone”

配信はいったん終わりましたが好評につき、また復活しています。

Hulu

 

追記
 
定額無料に加えてあたらしく、最新作品をレンタルするサービスが始まりました。劇場公開から間もない最新映画、海外ドラマの最新シーズンや音楽ライブなど。

見放題サービスではご提供できない作品を豊富にラインナップ。夏以降の予定です。とりあえずわかっているのは以下の作品です。
 
「AI崩壊」
「Diner ダイナー」
「グリーンブック」 など
「パラサイト 半地下の家族」※7月3日(金)配信開始予定
 

  人は何故不倫・浮気をするのか考えてみた

一度こういった経験「不倫、浮気」をした人はまた繰り返しやることが少なくありません。

罪の意識がないというか一人の人では満足できない?

以前にも不倫の経験、婚外恋愛のデータで23%の女性が経験または願望があると、男性に至っては40%。

ドラマの主人公の彩は完全な性依存症という病気でこの不倫には当てはまりません。

幼いころの虐待(母親の愛情の現れ)?が原因で突発的に起こったものと観ていて思いました。

この病気はカウンセリングの治療を続けることで、心をものと状態になるまでじっくりと治すことが必要。

そして最後はやはり自身の強い意志を持つしかないみたいですね依存症になったら。それではなぜ不倫・浮気をするのか?男性に至っては至極当たり前の行動です。

目の前に[素敵な女性が]現れたら何とかしたいと思うのが本能にあります。しかし女性はそういった精神・神経は持ち合わせてはいません。

ズバリ、今の現状に満足していない所からきているのが多いです。

相手に対する「不満になるのは自分に対する思いやりが少し低い、ちょっとした変化に気づいてほしいなど」つまり一番の原因はかまってくれない

そうしてそんな時に(チヤホヤされる、可愛い)とか言われると、まんざら自分でも結構イケてると勘違いする女性がわりと多い傾向にあります。

あわせて読みた不倫書

(かなり可愛い、とか絶世の美人の場合は、普段から聞きなれている言葉なので、これでは簡単に落とせません。)

じゃ一般的な女性の場合はどうする?ちょっとした隙を男は突いてきます。

そんな隙を見せていませんか?なんとかなりそうな雰囲気になると執拗に迫ってきます。

やんわりと時間をかけて絶対にまずは褒めることから始まります。普段の何気ない行動もよく見てて何気なく近づいてきます。全く落とすようなそんなそぶりは見せず。

誰でも褒められて悪い気はしませんよね、褒められれば嬉しくなってきますしそんな時女性は普段言われてない言葉なので免疫がありません。

ちょっとした有頂天になって悪い気がしないので、それに走ってしまう傾向になります。

少しぐらいなら良いかみたいな感覚麻痺になってしまい、女性としての本能が呼び起されるかたちになるようです。

  浮気・不倫は絶対バレなければする?

バレなければっと思ったら男女もそうですし、絶対にバレなければします?。全ての男女がそうとは限りませんが。

 

「人はなぜ不倫するのか」亀山早苗 SB新書。

結婚を「自分の身体の性的使用権を、生涯にわたってただ一人の異性に譲渡する契約のこと」と定義している。

「なんで不倫をしないのか」とまでいう著者、大胆な発言です。

(引用はじめ)女の不倫を女が叩くのは、うらやましいからでしょう。「私がこんなに我慢しているのに、自由に男とセックスするなんてという思いがある。」(引用おわり)

タイトルは不倫ですが、各界の専門家がインタビューに答えて、不倫についてというより広く生殖ということについて語っています。

不倫だけに興味があるなら上野千鶴子氏のインタビュー記事だけで良いかもしれません。

人はなぜ不倫をしないのか」のほうが不思議ですとも。

またその前段階として、「人はなぜ結婚という守れない約束をするのかがもっと不思議とも言ってます。

なんかとても説得力のある言葉です。守れないから不倫を浮気をする、守れないなら初めからそんな約束「結婚」をすべきではありませんね。

1序章:ジェンダー研究から考える不倫。第2~3章:昆虫学・動物学から見る不倫。第4~5章:宗教学・心理学から考える不倫。第6~8章:科学や医学、脳の面から見る不倫。

終章:著者の亀山早苗さんの見解。不倫という事柄に、あらゆる学問の視点から切り込んでいく作品、いろんな角度から不倫を検証する作品です。

こんな作品を読むと不倫賛成派に傾きそうで怖い!怖いと思いながら怖いもの見たさが人間の心理。

「見るな」と言われれば見たくなる、「開けるな」と言われれば開けたくなる。

また最終兵器的な言葉一度きりの人生」と言う「限定の言葉」が使われると弱いのも日本人の真理。

悪い癖?ですよね。

不倫・浮気をするならそれ相当の覚悟がいりますし何よりも絶対バレないことが大前提。

あなたならどうする?私ならそう多分・・・   不倫・浮気は永遠のテーマかもしれません。

バックナンバーはこちらからどうぞ

第一話
第二話
第三話
第四話
第五話
第六話
第七話

 

せっかくの休日なのに外は土砂降りの雨。この日のためにオシャレしようと思っていたけど
服を汚したくはないし・・・・そうだ、今日は家でまったり過ごそうかな。

でもそんな時に限ってテレビがつまらない。「こんな時に映画や海外ドラマが観れたら・・・・」
そーゆー時は、【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中「たった1日33.5円で映画が見放題のサービス」が大変助かります。

でもあまり見すぎるのも目に負担がかかるので、ほどほどが大切です。