雨が降ると君は優しい1 話依存症の妻を演じる佐々木希

雨が降ると君は優しい1 話依存症の妻を演じる佐々木希

スポンサーリンク

 依存症の自覚

心から愛し合う新婚夫婦に与えられた、究極の試練…「セックス依存症妻が不特定多数の男と体の関係を持ってしまう“心の病”だと知ったとき、夫は妻を、それでも愛しぬくことができるのか?夫婦を取り巻く個性的な登場人物たちによって、愛と憎しみが交錯していくHuluオリジナル連続ドラマ>

 あらすじ

出版社に勤める信夫 (玉山鉄二) は、上司の倉田和馬 (陣内孝則) から創刊を控えた月刊文芸誌『ストーリーファル』の副編集長に任じられる。多忙を極め郊外に買った家にはなかなか帰れないが、妻の彩 (佐々木希) とは深く愛し合い、仲睦まじい夫婦生活を送っていた。だが、彩には信夫には想像もつかない“秘密”があった。彼女はなんと、性嗜好障害の一つである“セックス依存症”陥っていたのだ! 眩しく晴れた暑い日には抗えない衝動を覚え、不特定多数の男と肉体関係を持ってしまう彩。信夫を心から愛するがゆえに、そんな自分に激しい嫌悪感を覚え苦しむ彼女は、意を決して著名なカウンセラー・志保 (木村多江) のもとを訪れる。彩は信夫には内緒で、なんとか障害を克服しようするのだがその衝動は止まらない、依存症シンドロームとも言うべきか,180度転換の佐々木希の演技がセックス依存症に苦しむ妻。演じる佐々木希は、どのような思いで本作に向き合っているのだろ

 押えられない衝動

立木信夫(玉山鉄二)は文構社という出版社で働いている。学生の頃は小説家を目指して最終審査まで残ったが小野田史郎 (古谷一行)にその作品をこっぴどくけなされ、自分は文学の才能がないと諦め現在は編集者として働いている。文構社では「ストーリーファイル」という月刊誌を刊行することになり、編集長から数人の大物作家に声をかけているので、交渉するように言われていた。その中の一人、小野田史郎(古谷一行)という大物作家を新人編集者の平川百合(奈緒)が担当することになる。信夫は平川の付き添いで小野田史郎帝に出向き、出版することをわが社に任せて欲しいとお願いする。一方妻である彩(佐々木希)には、ある秘密があった。夫との生活に問題は無いが、不特定多数の男性と関係を持ってしまうと言う悩みが。そこで思い切って有名カウンセラー小早川志保(木村多江)のもとを訪ねる。その“衝動”は夜ではなく、真昼間に起きる傾向にあり真っ赤な口紅、真っ赤なドレスに着替えて出かけるという衝動が。カウンセリングで彩は信夫のことを信頼していて、「結婚したのだから、女性は金輪際、妻だけだ。」そう言う信夫に対し「浮気など絶対にないし、不安に思ったり寂しい思いもしたことが無い」と言う。自分の(セックス依存症)は信夫に原因があるわけでは無いと言いはる。この治療はかなりの長い期間がいるので、週2回小早川のカウンセリングを受けることになる。ある日、彩はカウンセリングをすぽっかしてしまった。「その当日、出会い系で知り合った男性とホテルに行った」と小早川に話し、涙を流す彩。それを見た小早川は「その涙は、ご主人への罪悪感から?それとも自分への嫌悪感?」と聞いたが、彩は答えようとはしなかった。「じゃあ、あなたが落ち着く時とかはあるの」と聞くと思い出したように彩は「雨の降る日は、そうした事が起きない」と話すのだった。小野田史郎の担当になった平川は、編集長といつも行くバーで飲んで今回の成功を祝っていた。(実は平川と編集長は親子だった)「もう飲んでないのね」と編集長に言いながら呑み過ぎて寝てしまった平川の鞄から編集長が封筒を見つけて抜き取る。そしその夜信夫のもとに電話が掛かってきた。電話の相手は新人編集者の平川百合だった。家に帰ってシャワーを浴びた後に、原稿を所見しようとカバンの中を見たが作家の小野田史郎から預かった原稿が無いという。翌日、平川は一人で小野田の元へ謝罪に行った。土下座をしながら小野田に謝って許しを請うが。それを見て小野田は、土下座して謝る平川に「服を脱ぎなさい」と命令し、平川は少しためらうが服を脱ぐのであった。ある日突如、彩が真っ赤なドレス姿で小早川のカウンセリングルームを訪れる。その日も見知らぬ男性とホテルにいってしまった。おぼろげな顔をして彩は小早川に対し「もういい!だって意味ないし、自分ではどうしようも出来ない」とイライラした様子で話す。「こんな事は誰にも相談できないし、私は夫が大好きで、ノブちゃんと離れたくないから死ねない」。かなりの放心状態で吐き出したのだった。そうして彩が「もういいかな、お金無駄になっちゃうし。」「すみません」と言ってと帰ろうとした時、小早川は呼び止め「その赤い服、赤い口紅、血管の中をムカデが這うような感覚。あなた自身がムカデになっちゃう、なぜ赤なのか。あなたが、彼を愛していることがよ~くわかる」それから「赤」という文字を紙に書き「赤という字は、人が泣いているように見える。」そう話すと涙がとめどなく出てきてとまらなくなった彩。仕事を終えた信夫は花屋で真っ赤なバラの花束をプレゼント用に買って帰った。今日は結婚記念日、傘を持って彩は信夫を駅まで迎えに来ていた。その顔は「題名の通り雨が降ると君は優しい」とても幸せそうな顔をして。自分ではどうしようもできない衝動を知られてしまったら、どうなってしまうのか?貴方ならどうなる?

スポンサーリンク

第二話バレる?

スポンサーリンク