雨が降ると君は優しい第3話 立木信夫 (玉山鉄二)の苦悩

雨が降ると君は優しい第3話 立木信夫 (玉山鉄二)の苦悩

スポンサーリンク

 信夫の苦悩

第3話あらすじ

あるわけがないと信じていた残酷な事実を、突きつけられた信夫は、ショックを受ける。だが、彼は圧倒的な自己抑制でこみ上げる感情をひた隠し、冷静な素振りで彩と接し続ける。彩から一部始終を聞いたカウンセラーの小早川志保 (木村多江) は信夫の対応に面食らいながらも、彼が離婚話を切り出す可能性を告げる。ところが、彩からは意外な答えが返ってきてその夜彩は、信夫に自分が「セックス依存症」で苦しんでいることを打ち明けようとする。だが、信夫はその言葉を遮り続けて悶々とする。会社では彩の浮気は殆ど公然で、彩の仕事仲間の新城玲子からはっきりと浮気していると信夫は言われる。

  悶々とする信夫の心理

会社に行く途中駅のトイレで彩の事を思い出して、吐いてしまう信夫一方彩はカウンセラーの小早川に昨日の出来事を相談しに行く。全く楽観的に捉えている彩の考えに対し、小早川は信夫の気持ちを考えればもっと気遣うようにと言う。離婚を切り出されるかもしれないと言われても、まったくその言葉の重みにも平然とする彩。同じ頃カウンセラーの小早川は本を出版するために、倉田の紹介で信夫と出会うことになる。信夫と小早川は二人で出版に向けて打ち合わせをしていた。会社でも平静を装おうとする信夫、でもその頭の中は彩のことでいっぱいでしょう?奈美(編集長)にはズバリ不倫をしたといわれたが、それだけでは離婚なんて考えてほしくないし、もう一度彩にモデルをやってほしいとお願いされる。その夜はいつもより早く自宅に戻って彩と食事をする信夫だが、彩と普通の会話をしていても何かしっくりこないし、生半可な返事しか返せない。もう顔なんか見たくないみたいな表情。その後、彩は夫の信夫を連れて小早川のもとを訪れるが、そこのいたのは倉田に照会された小早川だった。

  セックス依存症の原因

まあ気持ち悪いと思います。自分だったら、その場では見過ごすこなく取り敢えず会社には行くが、戻ってから徹底的に「どうしてそんなになったのか」聞くし言い訳を聞きたい。もちろん再構築はなく、離婚前提にある程度まで暮らしていくが、復讐も考えるかな。もどかしいのは彩から今後はそういう事「2度としないと約束してほしい」と言ったのにも関わらずはっきりとしない返事しかしなかったことで、もういいやと思ったのではないでしょうか?はっきりと言わなかった彩の「セックス依存症」の原因は何?か まとめてみました。性的興奮が抑えられず、性交渉をすることで自己に対する自信や幸福感などを得て、一時的な充足感を味わうセックス依存症。心の病ともいわれています。
*「セックス依存症」という言葉は俗語であり、正式には「性嗜好障害」という病名になります。

愛情をたっぷり受けて育つはずの幼少期に、
なんらかの要因で愛に恵まれない家庭環境で育つと、
大人になって心に隙間を感じるようになります。
不足した愛を性交渉で埋めようと、
セックス依存症にかかるケースもあるようです。
引用:ヘルスケア大学

第4話突発性依存症?

スポンサーリンク

スポンサーリンク