ハロウィンは楽天

雨が降ると君は優しい第6話  彩の依存症は信夫の浮気で相殺か?

雨が降ると君は優しい第6話  彩の依存症は信夫の浮気で相殺か?




あらすじ6話

妻・彩 (佐々木希) が実家に戻ってしまった。立木信夫 (玉山鉄二) は彩と話をしたいが、彩の父・加藤芳丈 (升毅) と母・凪子 (岡田奈々) は信夫が暴力を振るったと断固娘との面会を拒否する。

だが信夫は、暴力のきっかけが彩の不特定な男関係にあるとは、どうしても言えずに…。一方、彩に催眠療法を施したカウンセラー小早川志保 (木村多江) は、記憶から葬り去られていた彼女の“辛い過去”を掘り起こす。妊娠がわかった彩はそれが信夫の子だと確信するが、事実を隠して夫に離婚を切り出す。

愛する妻の決断に激しく動揺する信夫。志保はそんな彼に、“別れを受け入れるべき”と強く促すその頃、信夫の後輩・平川百合 (奈緒) は、亡き母が家庭を捨ててまで大物作家・小野田史郎(古谷一行) に心酔した想いを理解し、同じように、自らも小野田に尊敬のまなざしを向けていく

 「共依存」を断ち切る小早川との関係

信夫は彩に連絡が取れず、自宅で母親に門前払い。しかし、彩を責める資格が信夫にはなかった。なぜなら「共依存」を断ち切るために、小早川と関係を持ってしまったから彩はいつものように、カウンセリングを受けるのに小早川のところに居た。



そして、この日は催眠療法をすることになっていた。深い眠りに就き過去の自分を探っていくと子供の頃虐待を受けていたことがわかった。潜在意識の中で彩は、ごめんなさい…許して…許して」を繰り返しながら、両腕を差し出す。

その両腕の中にはムカデの姿が、見えた。ムカデが見えた時にネジが外れ依存症が誰かに腕を叩かれそのムカデの姿が見える。誰に叩かれたかは、分からない。

 不特定多数の関係の妊娠って?

病院に運ばれた時に医者から、[頭の方は大丈夫また、胎児にも影響はない]と告げられてそこには新城玲子も聞いていたし、カウンセラーの小早川にもカウンセリングをしてもらった時に話した。

不特定多数と関係を持ったのに彩は自分の子だと言い張るのですが、そんなの信じられないのが一般的な意見ですが、本人にしかわからない何かがあるのかもしれないのか?

信夫が自分の子だと言っているので、それが真実だいうのだがこれも無理な話で不貞をした彩のが自分以外に決まっていると思うのが普通で、認めるなんて頭がおかしいどれだけに惚れているのって思いました。

次回もこんな具合の展開なのか因みに、彩が父親に真実を告げて、信夫と共に一緒に帰ることを許しました。次回は子供が生まれても依存症が発症するのか?

7話