カニエ・ウエストの新曲(Selah)で踊るショーン・ルーと振付け

カニエ・ウエストの新曲(Selah)で踊るショーン・ルーと振付け

 新アルバムは「JESUS IS KING」

「JESUISS  KING 」はKanye West(カニエ・ウエスト)の新アルバム。以前よりリリースが噂されていたKanye Westのニュー・アルバムがついにデジタル・リリース。

ヒップホップ界孤高の天才、カニエ・ウエストが放つ、アルバムの中のこの曲(Selah)セラ。この言葉の意味は一説によると「中止、休止、そして抑制」

[名]セラ:旧約聖書の詩編にしばしば出てくる語;感嘆詞ないし休止を示す音楽記号と考えられている.

コトバンク出典

Tim Milgramのプレミアム公開映像。旧約聖書に使われている言葉をこの歌に託す?カニエ・ウエストの新曲。その曲をいち早く振り付けをするダンサー達がカッコイイ。

そのカッコいいダンサーは?

 (Selah)パート1ダンス

振付けはTalia Favia(タリア・ファヴィア)。ダンスで選曲しているのは、こういった感情に訴えかける曲を使っているの事が多い。例えばビヨンセのmine
 
ジョー・バッダスのテンプテーションJoey Bada$$ – Temptationなどなど。

最初に踊るのはCourtney Schwartz,(コートニー・シュワルツ)注目のダンサーで(タリア・ファヴィア)一押しのダンサー

そしてご存知Kaycee Rice(ケイシー・ライス)
最後はやっぱり Sean Lew(ショーン・ルー)

コンテンポラリーダンサーが表現するこの曲で踊り方は、誰がうまいとは関係なく何かにとりつかれたように踊り狂うこのダンス。ダンサー自身の感情を思いっきりぶつけた表現のダンスです。

最後に踊るショーン・ルー、曲の最後に(もがく、もがく、シーン)がかなり印象的です。何を表現したかったのか考えさせられるダンスシーン。他のダンサーとは一味違うダンスはさすがとしか言いようがありません。

思わず何度も何度も、見返してしまうダンスシーンとこの曲Selah

あわせて読みたいショーン・ルー

 (Selah)パート2ダンス

パート2で踊るはAndrea Bess, Chau Naumova, Madelyne Spang, Diana Pombo, Sage Rosen。ほとんど知らないダンサー。

最初にこのパート2から見た時に、2組目に出ている髪の毛をブルーに染めたロングヘアーのダンサー。遠目で最初観た時はケイシー・ライス?!。
 
ケイシーがブルーに髪を染めた?そして左腕にはタトゥー?まさか!?あのケイシーがと思いましたが、別人でした。遠くから見た限りは結構似ていたので。
 
このパート2で知っているダンサーは Diana Pombo(ダイアナ・ポンボ)。あの(NBCワールド・オブ・ダンス・シーズン1)に出演していたダンサー。

審査員のジェニファー・ロペスにそのダンスを褒められ、ジェニファーがステージまで行ってハグされた彼女。ご存知の方も多いと思うのですが?彼女もまたケイシー同様に体がかなり柔らかいダンサー。
 
床から立ち上がるときに、足の指先の甲の部分から立ちあがる、それもいとも簡単に。これって見てるだけでも相当痛そうに思うのですが。

それも足の指先の甲の部分で全体重を支えるなんて、どれだけ鍛えあげられているのか?
 
 

 Joey Bada$$ – Temptation

この曲を歌っているのは (Dermot Kennedy )ダーモット・ケネディ。ちょっぴりかすれ気味な声に、何となく少し影のある歌い方。ジョー・バッダスの曲「Joey Bada$$ – Temptation」をカバー」。

振付けはTalia Favia(タリア・ファヴィア)。本家より心の入った歌い方がこのダンスに合っている。