Believer の歌をOverwatch(オーバーウォッチ)で表現

「Believer の歌をOverwatch(オーバーウォッチ)で表現」のアイキャッチ画像

オンラインダンスレッスン「スポともダンス」

Overwatch(オーバーウォッチ)

Overwatch(オーバーウォッチ)は21体のヒーローが登場し、好きなヒーローを選んで戦えるゲーム。

21体のヒーローは個性に溢れており、能力や装備について一切被ることが無いメンバーとなっている。

どのヒーローでも活躍の場があり、能力や役割を把握していれば、誰でも活躍できるようになっている大人気ゲーム。

そんなOverwatchをBeliever

(Imagine Dragons)ビリーバー イマジン・ドラゴンズで表現してみると、こんな感じです。

 Sonic(ソニック)のBeliever

荒廃した都市を目の当たりにしたソニック、敵に1人で乗り込み勝てるのか?

大群率いるDr.エッグマン。ソニックを倒すことを目的に作り上げた対ソニック戦闘用ロボット達。

その中1人で立向かうのは無謀?武器は?仲間は?、秘策はあるのか?そんなソニックを
Believer (Imagine Dragons)

ビリーバーイマジン・ドラゴンズで表現してみると。


非現実の世界にどっぷり入り込んでしますビデオです。わずかな時間ですが感動すら覚えるソニック。

ヒーローはいかなる世界にも必要ですね。あなたもそう感じるでしょうか?

Lil Wayneがフィートしているこのビリバーもいい感じに仕上がっています。

Can’t Hold Us 

オーバーウォッチとは「見張る・監視する」をという意味。

未来の地球を舞台に、様々な特殊能力を持つヒーローとなって、6人ずつのチーム対チームで対戦する、アクションシューティングゲーム。

Can’t Hold Us(feat. Ray Dalton) -Macklemore & Ryan Lewis

キャントホールドアス 「マックルモア&ライアン・ルイス」の曲で表現すると

スピード感満載のビデオが、非常にこの曲とマッチしています。

男心をかき乱すサイコーのシーン。とあなたも思いませんか?

It’s so hard when people knock you down
Return of the Mack, get up!

What it is, what it does, what it is, what it isn’t.
Looking for a better way to get up out of bed

Instead of getting on the Internet and
checking a new hit

Get up! Fresh out, pimp strut walking,
little bit of humble, little bit of cautious

さあ、あのマックが帰ってきたぞ。起きろ!
何であろうと、何をしようと、何であろうと、
何でなかろうと(とにかく何でもいい)

起きる手立てを探して、寝床から出ろ
ネットで最新ヒットを調べるんじゃなくて
起きろ。生まれ変われ。胸を張って歩け。
ただし、少し控えめに、少し用心深く

本編

本編はこちらでご覧いただけます。

多分見たことがないと思います。最後の結末は果たして?

ただし英語版になります。アクションあり、ちょっぴり悲しいところも。

youtube動画