Doja Cat(ドジャ・キャット) Mooo(ムゥー)の曲って何?

Doja Cat(ドジャ・キャット) Mooo(ムゥー)の曲って何?

 Mooo(ムゥー)

牛?の歌を歌ったこのビデオが爆発し、一躍海外で有名になったDoja Cat(ドジャ・キャット)。1996年生まれの23歳、アメリカ、ロサンジェルス出身。

R&Bシンガー、ラッパー、ソングライター、そしてレコード・プロデューサーもこなす才能溢れる新鋭のミュージシャンのDoja Cat(ドジャ・キャット)をご存知でしょうか?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🍋Thank you @sethmeyers and @tyga 🍉

Doja Cat(@dojacat)がシェアした投稿 –

その彼女が作ったこの曲「mooo」は、彼女曰く5時間ぐらい時間で、ちょっとおふざけのつもりで作った曲だそうです。かなりふざけた歌詞とビデオ。鼻にフライドポテトを突っこんでいるところも、おふざけ満載で面白い。

この5時間かけて作っている曲の途中におなかがすいたので、いつも行くハンバーガースポットに行く。その時注文したポテトを何故だか急に思いつきで、鼻に突っ込んだこの絵がアクセントになっていると言っています。

すでにYouTubeでは5000万回以上再生されています。しかもあのKaty PerryやChance The RapperなどからもSNSで賞賛を浴びているアーティストと紹介されていました。

でも本当に?と言う疑問がわいてきて称賛されているかどうか調べました。それは普通にFacebookやTwitterを調べるしかないのか?拡散ということで、やはりTwitter考えTwitterに絞りました。

Twitterのケイティ・ペリーはツイートは2.4万、チャンス・ザ・ラッパーはなんと6.4万ツイート。調べた方法は、ケイティ・ペリーとDoja Catをパソコンで入力。

そうするとDoja Catを紹介している日本のサイトがいくつかあり。その中には賞賛を浴びているアーティストとしての紹介はありましたが、ちゃんとTwitterなどを記載しているところはありません。

「それじゃっ」ということでやっぱり海外のサイトしかないと考え、Doja Catを紹介しているサイトを探すことにしました。

でもどのサイトも同じでTwitterで称賛しているという記事しかありませんやっパりTwitterを1つ1つ調べるしかないかと探していたら、偶然にTwitterとリンクしているところがありこのツイートを発見。ラッキー!!

 

 

なるほど本当にTwitterで彼女のことをツイートしていました。これが称賛と言う言葉かどうかは分かりませんが、見てわかる通りKaty Perryは牛と猫でDoja Cat(ドジャ・キャット)とわかります。

Chance The Rapperのほうは、もろに彼女の事をツイート。

のほほんとした曲「mooo」、鼻に突っ込んでいるフライドポテトがやっぱり強いアクセントです。アナタも鼻にフライドポテトを突っこんで歌ってみる?「ムゥ~~~

彼女の音楽はカラフルでキャンディ・コーテッドのビート。それは⼀度聴いたら頭から離れないと言われています。カラフルでキャンディ・コーテッドのビート?と聞きなれない言葉。

色とりどりの甘いキャンディ色に包まれた音楽、とでもいうのでしょうか?!ビデオはまさしく、とびっきりのカラフル。そして曲もラップミュージックとしてはとっても聴きやすい。

同じ女性ラッパーの「Cardi B」の複雑なラップに比べると全然聴きやすいです。彼女の他のMVも数百万から数千万回再生されている人気アーティスト。

 お勧めの曲(Juicy)

見た目があのプロゴルファーのタイガー・ウッズに似てるところから、命名されたラッパー「TYGA(タイガ)」とのコラボ曲「Juicy」ジューシー。カラフル一色のビデオです。

ケイティ・ペリーから称賛されると言うことは、同じように独自の色彩感覚を持つ所以でしょうね。カラフルな色彩感覚を持つと言えば、「きゃりーぱみゅぱみゅ」もケイティから称賛されていますよね。

 Rules

このビデオも衣装がカラフル、途中で蛇柄の下着を履いたところが映し出されます。この時に股間のあたりから蛇が・・・それは何を意味しているのか?

ヴィジュアルでも楽しませてくれるDoja Cat(ドジャ・キャット)、これから注目のアーティストです!!とっても聴きやすいラップミュージックに、夢中になること間違いなしです。

彼女からは全く想像できない、別人とも思われるこの曲「candy」。アルバム「Amala」の中の一曲、シリアスな感じがとってもいい。

彼女のイメージからかけ離れたこのギャップ感がたまりません。また新たな彼女の一面が見れる曲です。
candy

 

 Rules&Juicyのダンス

振付けはNicole Kirkland (ニコール・カークランド)。YouTubeとInstagramで複雑な音楽、高度なテクニックを組み合わせたダンスで、人気を博している振付師。

スタジオ内に飾られた「PLAY」というオブジェクトが、印象的なダンススタジオ。よくインスタグラムでアップしているダンスシーンや、YouTubeのダンス動画に出てくるダンススタジオ。

高い天井、むき出しのレンガ、モダンでありながら産業的な雰囲気。ヒップホップやヒールのクラスがメインに行われているPLAYGROUND(プレイグラウンド)LA

そこを拠点に活躍しているLAのプロのダンサー、振付師、インストラクターのNicole Kirkland (ニコール・カークランド)。ヒールダンスの第一人者です。

歌詞の「bitch,bitch」というところで床に腰をトントンと当てるところが印象的、ほかにもコマネチのポーズ?みたいなところも面白い!?ビートたけしの「コマネチ」をパクった?かもしれません。

その辺は想像なので、でもこの曲を表現するにはこのダンスが一番合っていると思います。さすがNicole Kirkland (ニコール・カークランド)。

JUICY
 
ブラックとイエローの2色のロングスリーブを着たダンサーが印象的。名前はDeanna Leggett(ディアーナ・レゲット)以前から気になっていたダンサーで、初めて見た時はDelaney Glazer (ディレイニー・グレイザー)彼女かなっと思っていました。

ここで初めて彼女を知ることができました。ただそれだけなのですが!。dymensions.co自身でアパレルブランドを持っているダンサー。

コミカルなダンスの中に色気も入れた独特の振り付け。お尻フリフリがやばいです。やっぱりこの曲にはこのダンスがいい感じです。思わず見入ってしまうDeanna Leggett(ディアーナ・レゲット)のダンス。
アナタもそうでしょうか?