レイナ、日本が誇るヒップホップダンサー

「レイナ、日本が誇るヒップホップダンサー」のアイキャッチ画像

ヒップホップダンサー(ReiNa)レイナ

 


2017年にシンガポールで開催された「Radikal Forze Jam 2017」。1対1のフリースタイル・ダンスバトル大会でアジアチャンピに輝く。(今回は(今回は7人)で行われ、最後の一人になるまで続けられました。

そこで見事に優勝。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ReiNa(@reina_queenme)がシェアした投稿

 

東京ダンスヴィレッジ

 

インスタのフォロアーを見てみると、ショーン・ルーを初め、このブログでも紹介しているザック・ミルンアイマ・ビーストのダンス創設者ワイルダ・ビーストベイリー・ソク、S-ランクのメルビン・ティムティムなど。海外で活躍しているダンサーからのフォロアーが多い。

それだけ海外でも注目されているダンサー(ReiNa)レイナ。

💛

本名は金子玲奈

ダンサー名:(ReiNa)レイナ

2001年5月16日生まれ

東京都出身

5歳でジャズとヒップホップのダンスを始めて以来、名前はファーストネームの「ReiNa」

日本やアジアで開催された、ダンスコンテストで数々のタイトルを獲得。

ジャスティン・ビーバーやクリス・ブラウンなどのポップスターのバックダンサーとしても活躍してきました。

 

Radikal Forze Jam 2017のフリースタイル

「フリースタイル」という名の通り、音楽に合わせて自分の好きな動きでダンスをします。1つのスタイルにこだわるダンサーもいれば、いくつかの異なるタイプのダンスをミックスするダンサーも。

フリースタイルバトルで繰り広げられる主な種類は、ヒップホップやブレイクダンスに代表されるストリートダンス。

 

 

フリースタイルバトルで見られるストリートダンスの代表的な動きには、「ポッピング」(筋肉を素早く収縮・弛緩させることで体を揺らす)。

「ロック」(速い流れの中でフリーズし、しばらくその状態を維持した後、同じスピードで続ける)。

 

「ブレイク」(手や背中でバランスを取りながら、床の上で体全体を回転させ続けるアクロバット的で、ダイナミックな動きの組み合わせ)などがある。

オンライン&マンツーマン形式のダンスレッスン【スポともダンス】

その中でも一人異彩を放っていたのがレイナ。

思わず、うまっと
こんこんこんこん

この大会には他に、4人の日本人ダンサーが出ていました。次々と流れてくる曲を見事に表現するキッズダンサー。

youtube動画

ダンスバトルで使われていた曲。

7ToSmoke 2018

2018年の予選。相手ダンサーはオーストラリア出身のGabi(ガビィ)。この体でなんという素晴らし動き。

体系はあんまり関係ないと思える見事なダンスです。

リズム感が「やっぱりちがうなぁ」と。

 

ベイリー・ソクと

EN DANCEスタジオでベイリーとのコラボ振り付け。

何となくですが、二人は雰囲気が似ているような気がします。

youtube動画

2024年パリオリンピック

2024年のパリオリンピックでは、12月に開催されるIOC執行委員会で最終決定された後、ブレイキン(ブレイクダンス)種目の追加が正式に決定されました。

ご存じの方も多いと思います。

オリンピックをきっかけに多くの人が、ダンスの素晴らしさを知ってもらえればと思います。

あなたもそうでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

”ありがとうございます”