ブレイクダンサー、ビーガールの(ローガン・エドラ)がカッコよすぎる

「ブレイクダンサー、ビーガールの(ローガン・エドラ)がカッコよすぎる」のアイキャッチ画像

ローガン・エドラ

Logan Edra(ローガン・エドラ)

2003年5月8日生まれの18歳。アメリカ、カリフォルニア出身。

2018年のSilverback Open B-Girl大会で、世界最高のB-Girl 4人を破って優勝。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Logan (She/Her) LoVE(@logistx_ugf)がシェアした投稿

 

 

silverback wikiより

ダンス大会とかテレビ番組に出るときには、

ダンサー名Logistix(ロジスティックス)と紹介されています。

この名前は彼女が10歳の頃父親から「B-Girl」として、デビューする時に付けられた名前。

ダンスのきっかけは、9歳のときに地元ユースのブレイキング・クラスを見たのが始まり。

生徒たちが繰り出す技に魅了されて、そのクラスを受講することにしました。

なぜなら、その時に教えていたのがB-GirlのValpal(ヴァル・パル)。男性中心のブレイクダンスの中で、女性でも活躍することが出来ることを示してくれたからです。

左の女性がValpal(ヴァル・パル)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Underground Flow(@_undergroundflow_)がシェアした投稿

ダンスをする前は競技用の体操を5年間経験しており、そのおかげで独自のブレイキング・スタイルを確立。

体操経験があったのでバク転はもちろんのこと、ダンスで使う技(トーマスフレア)も経験がいきています。

ローガンを知ったのは、このブログでも紹介しています「NBCワールド・オブ・ダンス(シーズン2)」。

ジュニアチーム「THE・LOB」のダンスチームの一員として出ていた時。

一人ブレイクダンスをする少女が「ローガン・エドラ」。ジャッジのデレクも、女性のブレイクダンスは「あまりにも衝撃的だ」と。

THE DULS(決戦)

youtube動画

 

ワールド・オブ・ダンス(シーズン2)では「THE LOB」が優勝。

振り付けはドミニク・サンドバル、ニックネームはD-TRIX。感動的なシーンが多いです。

youtube動画

セブン・トゥ・スモーク (Seven to Smoke)で優勝

2019年ジュニアブレイクダンス「7 to smoke(セブントゥスモーク)

日本人ダンサーも毎年参戦しているダンス大会。

対戦内容は8人ダンサーが、1対1でバトルを行い勝てば1ポイント。最終的に多くのポイントを取ったダンサーが優勝。

見事に合計4ポイントを取って優勝。以下が出場ダンサーです。

1. Ram (Japan)

2. J-Attack (Australia)

3. Fuma (Japan)

4. Yao (China)

5. Logistx (USA)

6. Honoka (Japan)

7. Pebbles (USA)

8. Shigekix (Japan)

 

7 to smoke(セブントゥスモーク)

youtube動画

感動的なブレイクダンス

ブレイクダンスをここまで感動的に表現できるなんて!!

youtube動画

 

アメリカの有名番組エレンショーでも紹介されていました。

エレンショー

大好きなアーティスト「ジェシー・ジェイ」のヒット曲「WHO YOU ARE」。その声の迫力たるやまさに圧巻の一言。

感動のシーンはベッドのシーツを持ち上げ、それをスクリーンに見立て、映し出された映像とシンクロするところ。

youtube動画

I stare at my reflection in the mirror
Why am I doing this to myself
Losing my mind on a tiny error
I nearly left the real me on the shelf
No, no, no, no, no
Don’t lose it all in the blur of the stars
Seeing is deceiving, dreaming is believing
It’s okay not to be okay
Sometimes it’s hard to follow your heart
Tears don’t mean you’re losing
Everybody’s bruising
Just be true to who you are
Who you are, who you are, who you are
Who you are, who you are, who you are
Who you are, who you are, who you are

Brushing my hair, do I look perfect?
I forgot what to do to fit the mold, yeah
The more I try the less It’s working, yeah, yeah
‘Cause everything inside me screams
No, no, no, no, no
Don’t lose it all in the blur of the stars
Seeing is deceiving, dreaming is believing
It’s okay not to be okay
Sometimes it’s hard to follow your heart
But tears don’t mean you’re losing
Everybody’s bruising
There’s nothing wrong with who you are

Yes, no’s, egos, fake shows like boom
Just go and leave me alone
Real talk, real life, good luck, good night
With a smile, that’s my home, that’s my home,
No, no, no, no, no
Don’t lose it all in the blur of the starts
Seeing is deceiving, dreaming is believing
It’s okay not to be okay
Sometimes it’s hard to follow your heart
Tears don’t mean you’re losing
Everybody’s bruising
Just be true to who you are
Yeah, yeah, yeah

映画Full Out

2020年公開の映画「FUll Out」にも出演。

ダンサーだけでなく、映画女優としても活躍している「ロジスティックス」。

本名よりロジスティクスがやっぱり似合います。

オクラホマ大学の女子体操部が、地元のブレイクダンサー(ローガン・エドラ)と交流して全米選手権優勝を目指す映画

実話に基づいた映画で、前向きな気持ちになります。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

”ありがとうございます”