アデル「Adele」グラミー賞5冠を持つイギリスの人気歌手オススメ曲は

アデル「Adele」グラミー賞5冠を持つイギリスの人気歌手オススメ曲は



  アデルのおすすめ曲

本名はアデル・ローリー・ブルー・アドキンス。2008年にアルバム『19』でデビュー. 英国BBCの投票企「サウンド・オブ・2008」にて人気に火が付き、一躍トップシンガーの仲間入り。

エタ・ジェイムズやロバータ・フラックといったアメリカの伝説的なシンガーに影響を受けたアデル。 古いスタイルを巧みにアレンジしたような、独特のソウルフルな歌声を存分に聴かせることで、ボーカリストとしての魅力が際立った。アルバム「25」は発売から半年で1800万枚をを記録。英米を含む世界各国でチャート1位を記録している。このアルバムの成功で、デビュー以来のトータルセールスは3000万枚を超えたが、これは21世紀に入ってから最大の売り上げ記録。

特にアルバムのヒットのけん引役を果たした失恋の曲『Hello』。聞いてみましたがまあまあかなっと行った印象。ヤッパリこの曲Rolling in the deep

アデルのアルバム”21″に収録されている曲。



アデルの名を界に知らしめた人気曲です。最初知らないで聞いた時は、絶対にアメリカ人歌手と思っていましたが、イギリス人だったんですね。

これから少し、ふくよかになってきた感じがします。売れだすと、結構太ってく歌手が多いのも一緒か?デミ・ロバートやケリー・クラークソンなどなど大勢います。

 海外では、デブである女性自身が「太っている」ことを誇りに思い、一方の男性は女性の「肉」が大好きかも?。健康でない「デブ」はさておいて、海外ではデブの人はネガティブなものではないようすです。

  Someone like you

アルバム「21」でもオススメ のsomeone like you。アルバム全体いが「振られたオンナの腹いせ」みたいに感じますが、この歌だけは、失恋したことから立ち上がる曲。

アデルもそうですが、なかなか来日には至りません。何故、これだけのヒットメーカを何故?多分、その理由はアデル自身のアーティストとしてのアピールが少なく、日本のメディアからするとあまりおもしろくないのか?。

アデルの人気を支えているのは純粋に歌で、今のsnsの時代、ツイッターやフェイスブックなど情報発信には熱心だし、かなり活用していますが内容は殆ど音楽に関するものが中心。見てもあまり面白くありません。後子供がいるので、それで来られないかもしれません。

また「世界中で売れている」とよく聞きますが、そもそも音楽の中心となっているのはアメリカとイギリスとその周辺だけ。そこに日本が入りむ理由もないし、英語圏の歌を知っている必要もないのかもしれない。


日本では音楽面でも過疎化が進んでいて、日本のアーティストを聴く人が殆どのため、海外アーティストがヒットしないのも当然かも知れません。テイラー・スウィフトアリアナ・グランデなどが人気ですが、アデルは彼女らとは違いビジュアル面とか、アイドル性の実を持たない力派アーティスト。

それが日本で受けていない理由かも?日本で大ヒットする洋楽女性アーティストはほとんどがビジュアルが良いシンガー。それでアデルは日本で売れる要素が少ないかも!?

その歌唱力抜群の実力はどんなもの、知らない人はまず聴いてみましょう!絶対に好きになるのは間違いなし!!!

  Set Fire To The Rain

グラミー賞の最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞を受賞した曲。迫力ある歌声とドラマティックなメロディーに圧倒されてしまいます。壮大であり、何度聴いても感動する1曲。



ポップ・アニメーションダンサー Marquese Scott(マーキューズ・スコット。DUBSTEPの第一人者と呼ばれる彼のダンスでも「Set Fire To The Rain」が使われています。かなりアレンジしていますが。

イギリス人気歌手
「アン・マリ」
「エド・シーラン」
「チャーリー・XCX」