SIA 圧倒的な歌声と顔を見せないミュージシャン

SIA 圧倒的な歌声と顔を見せないミュージシャン
これがSIAです。こっちを向いて

  Unstoppable

Sia顔を出さないアーティストとして有名ですがで、siaを一躍有名にしたのが『シャンデリア』youtubeで15億再生回数ととんでもない回数を叩きだしている超有名な曲です。歌い方は「かすれる」「こもる」「なまる「叫ぶ」「ちぎれる」「のびる」「繰り返す」といった圧倒的な歌声とソングライティング!一度聴いたら忘れない歌声とこの曲はぜったいsiaと分かる曲。少しダークな感じの曲が多いSiaこんな感じの曲が多いし、好きな部類の歌。
Unstoppable  ,だれも私を止めることができない。


Siaはその優れたソング・ライティング能力で数々のアーティストへの楽曲提供でもその名をはせてきた。クリスティーナ・アギレラ、ニーヨ、リアーナ、ケイティ・ペリー、ビヨンセ、ブリトニー・スピアーズ、エミネム、マルーン5などなど、彼女が楽曲を手掛けてきたアーティスト名を挙げるだけでも、Siaの音楽がどれだけ多くの人々に受けいられたアーティストであるか分かると思う。ポップスからダンス、R&B、ヒップホップと、ジャンルも多岐にわるSIaが何故?顔をほとんど出さないのか、それびは一種の病気によるものとも関係しているのではないだろうか?あえて言いませんが、それによってビジュアル的にもよくないと自身で思っているのかもと推測されます。
また
そんな「顔を出さない」アーティストがここ数年多く出てきた。顔を出さない理由はそれぞれ違うものの、人気には共通項が存在する。物珍しさや話題性はもちろんあったと思うが、大きな要因の一つは視覚情報が氾濫する現代社会において、ある種のミステリアスさを保つこと。想像の余地が残されていると言ってもいいぐらいで。いまやインターネットでどんなことでも知れてしまう時代に、「分かる」存在よりも強烈に「分からない」要素があることが印象として刻まれる。それに「顔」という情報がなくても耳と脳に残る、声や、サウンドの個性で、顔を出さなくても効果的なイメージ映像、強烈なキャラクターを持っていること。そんな「顔を出さない」アーティストの中で、今一番そして世界的に、もっとも成功しているのがSiaだと思っています

  Chandelier

「シャンデリア」のミュージックTVに出演している12歳の美少女ダンサー、マディー・ジーグラー、シーアの代わりに登場したのがマディー金髪のボブヘアのカツラをつけ、肌色のレオタードを着て、踊りだすマディー。華やかな世界に身を置くものの、満たされない思い、葛藤する心模様を、繊細かつ狂気的に表現しているダンスパフォーマンスが、瞬く間に大反響の「シャンデリア」ダンスパフォーマンスはかなりいいですが、それよりもこの年でこの表現力のほうが素晴らしい。ダンスの表現力なら絶対にオータムミラーのほうが絶対に上だと思います。やっぱりSIAにはダークなちょっと暗い感じの歌が彼女らしい気がします。どこまでも暗くというか切ない歌であるのがいい。

  FIRE Meet Gasoline

歌っている愛の歌は、いびつという表現がぴったりかも、火と死のイメージと愛が交差する世界感を表現した彼女独特の言い回しの歌

   Eye of the Needle

針の穴とでも言うのでしょうか?ドラムをたたく男性、その前で踊る女性、何を表現したかったのでしょうか、わかりません。でも何となく分かったようにしときます。

  Snowman

Sia – Snowflakeよりこれもダークなイメージのスノーマン。スノーマンをこれほどダークに表現する歌はやはりSIAならではです。

スポンサーリンク