FLashDanceジェニファー・ビールス主演映画をFLash Back!30年前にタイムトリップ

「FLashDanceジェニファー・ビールス主演映画をFLash Back!30年前にタイムトリップ」のアイキャッチ画像

FLash Danceにタイムトリップ!

youtube動画
あらすじ
 

場所はペンシルバニア州のピッツバーグ。そこにはアレックスと言う女性がいて、昼は鉄工所の溶接工。また夜になるとバーでロックのリズムに乗って、セクシーなダンスを踊る。
と言う日々の生活を送っていた。

彼女にはプロのダンサーになる大きな夢があり、いつも家の中でダンスの練習漬けの日々をおくっていた。

それからアレックスは、音楽ダンス学院のオーディションを受けに行くのだが。

そこには自分とは違う、いかにもバレエダンサーの卵達がいた。

 


それを見て自分と住む世界が違
うと感じた。しかもバレエは自己流。まったく次元が違うと感じ、その場を諦め帰ってしまった。

それからアレックスは友達のハンナの家を訪れ、オーディションの事を話した。

ハンナはそれを聞いて、「今辞めちゃダメよ、貴方は18歳」「今が最高のチャンスなのよ」と言って、オーディションを受けるように促した。

 

”元バレリーナのハンナ”


それからアレックスの働いている会社の社長ニックが、従業員に話かけるシーン。

ヘルメット越しに話しかけたのが、溶接工をしているアレックス。


ヘルメットを脱いだ時、その可愛らしさに一目惚れをしてしまった。

彼女の気を引こうとして、色々詮索するのであった。

アレックスが働いているバーに行ってみたり。また会社で声をかけたりしている内に、2人はだんだん親しくなっていく。


 

メインテーマ曲マニアック、ジェニファーのダンスが激しく、熱い。

ダンスの練習が終わって、水を飲むシーン。マジで息遣いが荒い。

水を流し込む音を聞くとその激しさがわかります。

これがダンス映画の原点。

やっぱりダンスの基本はバレエ。これが出来ると他のダンスにも、応用できます。

今のダンサーでうまいと思うダンサーも、ほとんどが小さい頃からバレエから始めています。

若手の人気ダンサー「ケイシー・ライスショーン・ルー」もそうです。

今聞いても新鮮なマニアック。

1つの曲が持っている意味を、体だけで表現できるのがダンス、ダンサーです。

そして最強のボディの持ち主。

あなたもダンスをするでしょうか?もしダンサーなら憧れます💛。


東京ダンスヴィレッジ

youtube動画

ウォーターダンスシーン

バーで働くアレックスのダンスシーンが色っぽい。ちょっと大きめの男性用のジャケットを着て踊りだす。そしておもむろにジャケットを脱ぎ下着姿に。

それから激しくダンスしているときに、顔がアップその表情がとってもカワイイ。

自分でひもを引っ張り水をかけるシーンが2度あり。

繰り返し映し出されるところが、彼女の色っぽさをより一層引きださせています。

このダンスシーンもかっこいい!!

youtube動画

ブレイクダンス

歩いているときに出会うブレイクダンサー。これが30年前のダンスって?今とあまり変わらないダンスシーンに注目。

傘をもって、強風に倒されないようにゆっくりと進むが、傘が風に持ってかれそうになり、うしろづさりしているダンスが、まさしくムーンウォーク。

このダンスはマイケルジャクソンの得意技ですが、こっちの方が早いかも知れません?!!

オーディションダンス

最後のオーディションダンスシーン。緊張のあまり一度ダンスを止めて、もう一度最初からやり直します。

街で見たブレイクダンス。今回それを取り入れたり、バレエのピルエットなどコンテンポラリーダンス。

など見事なラストシーン。究極のダンスシーンがここだと思うのですが、あなたはどう思いますか?

ちなみにジェニファー・ビールスもダンスしています。

しかしそのほとんどのダンスシーンは、別のダンサーが代わりに踊っています。

でも全体的に楽しめるフラッシュダンスに、あなたもタイムトリップしてみよう!!

Blu-rayで甦るフラッシュダンス

最後までお読みいただきありがとうございます。

”ありがとうございます”