フィクシュン「Fik-shun」若きコミカルなポップダンサーは日本アニメが好き

フィクシュン「Fik-shun」若きコミカルなポップダンサーは日本アニメが好き

 ポップでコミカルなダンス

かなり最近有名になったフリースタイルのストリートダンサー[フィクシュン]。以前からもそのコミカルなダンスで注目されましたが、今回の「ワールドオブダンス]でその知名度がよりいっそう上がりました。

1994年9月2日生まれ、本名は DU-Shaunt Stegall でステージ名が「フィクシュン」。
カンザス州ウィチタ出身。小さいときからダンスを始め、人気TV番組「アメリカン・ダンスアイドル」のシーズン10で優勝。

「アメリカン・ダンスアイドル」は全米No,1を目指し、熾烈なダンスサバイバルを繰り広げるダンス番組。そのダンス番組で優勝する原動力は、2歳から始めたテコンドー。それがダンスの基本となっています。

また「ダンスアイドル」シーズン6の優勝者フィリップ・チャビーブからの影響が本格的にダンスをするキッカケとなる。

NARUTOスタイル
 
 どこでこのナルトを知ってダンスに取り入れたのか?
NARUTOの神羅天征 「Shinra Tensei」の技を組み入れた NARUTO スタイルのダンス。
革ジャンから見える NARUTO のTシャツ、おもむろに革ジャンの脱ぎ捨て準備は整った。

どこでこの技を使うか? 神羅天征とは、手の平から発生する“斥力(せきりょく)”を利用して、標的を吹き飛ばす技だそうです。技を出し過ぎて観客を巻き込まないようにしてほしいてか?「Shinra Tensei」~~~~

Dragonball Z スタイル
 これもドラゴンボールZを題材にしたダンス。スーパーサイヤ人になりきって、観客をわかします。  界王拳の気を限界まで高めて気合を入れて、波~~~~。完全に気合が入ったところで今度は元気玉。
これまた極限までためて 波~~~~会場を壊さんばかりの勢い。他のダンサーではこの発想はないでしょう!今一番楽しめるダンサーでしょうね。あなたもそう思いますよ、このダンスを見ればきっと!!!!波~~~~

 

 
Crizzly & AFK Remix)
 そのほとんどが楽しいコミカルなダンス、いつ見ても楽しいダンスで、笑いを取るセンスもあるダンス。かなり胸の筋肉が発達している良い体格の持ち主。その胸を強調するところが多い。


フィクシュン・エンターテインメント
 フィクシュンファンにはたまらない時計アイテムです。でも日本にファンっているのか疑問ですが、NBCの「ワールド・オブ・ダンス」を見てファンになったかもしれないあなた?も気になりませんか?どうしても気になる方は  Nay Nay Watch

    

                  

                             

                                   

カスタムウォッチ:ステンレス鋼バックプレート、ガンメタルケース
耐久性と快適なナイロンまたは革のストラップで、5ATM耐水性(水泳もok)
日本のクォーツムーブメントですので安心。アメリカで手作り、すべてのウォッチは受注生産
つまり、注文した直後にカリフォルニアのオフィスで時計をプリントして組み立てます。

1年保証。動作を停止する場合は修理可能
気になる価格は色付きは各75ドルで日本円で約8000円ほど。モノクロは50ドルで約5400円位です。ストラップは各15ドルで約1600。ほかにも種類があります。

フィクシュン渾身のダンス
 ワールド・オブ・ダンスの「the qualifiers(予選」)で見せた渾身のダンス。何かの事情で分かれた両親に向けたメッセージともいえる表現が素晴らしい。Ambassadors「Unsteady」の曲で「the qualifiers(予選)」に臨むフィクシュン。
「はなさないで、少し不安だからちょっと不安定なんだよ」と、ありったけの思いを表現したダンスに誰しもが涙するかもしれません。それぐらい迫力あるダンス。
  

                                                   

片時も離せないスマホ依存症


に朗報です。可愛いディズニーのスマホスタンド 。ディズニー ミッキー のお手てでしっかり スマホ iPhone をホールド!楽しい可愛い スタンドです。・自由に変形するアーム
・ホルダーを好きな角度に調節可能
・動画視聴や寝ながらスマホも楽々
・両手が使えないお料理中にも
・動画撮影や自撮りに便利
・クリップで挟めるところがあればすぐに使える
・iPhoneはもちろんXperiaやGalaxyなど様々なスマホに対応
・一番いいのは寝ながら見れるところ手を使わずにすむし、何より食べ物や飲み物も使える、ズボラにはもってこい。あうれしー限りです。

error: Content is protected !!