ワールドオブダンス2019(シーズン3)部門別決勝、ジュニアチーム

ワールドオブダンス2019(シーズン3)部門別決勝、ジュニアチーム

 部門別決勝(ジュニアチーム

ジュニアチームの部門別対決が始まります。アッパーさながらのテクニックとリレーションシップ。頂上決戦(ファイナルステージ)に行くのはどのダンサーか?残された椅子は一つ、ジュニアチームの激しいダンスステージが待っている。

ここでもステージに上がる前にダンスの指導をしてくれるメンターが、ジェニファー・ロペス。彼女自身にも子供がいるので、母親のように親身になって教える様子がうかがえます。

部門別対決に残ったジュニアチームのダンサーはこの3組

Crazy 8s(クレイジー8s)

VPeepz (ヴィピープス)

Dancetown Divas(ダンスタウン・ディヴァス)
ダンススタイルはヒップホップ対コンテンポラリーと言う感じ。まず最初にステージに上がるのは

Crazy 8s(クレイジー8s)
 

可愛いリトル・コンテンポラリーダンサーのクレイジー8s。でも可愛いといっても侮れないテクニックとそのパフォーマンス。さすが全米における数々のコンペティションで、常に上位入賞しているダンサー。

グリーンのコスチュームでパワフルに踊るリトルエンジェル。これだけ見ている中で堂々と踊るその姿に感動すら覚えます。ましてやテレビ放送のこの番組、数千万人?観ているかもしれないこのステージ。

ジャッジも好きなリトルエンジェルのダンスは、ここでもBurn(燃える)?!

格闘家が着るガウン姿で登場し、「レディース&ジェントルマン」の紹介の声とともにゴングが鳴る。ファイトシーンが始まるのか?ビートに乗ったダンスは、プレッシャーを全く感じさせない綺麗なフォーメンション。

シンメトリー体系をとったダンスとユーモアたっぷりなところも、ジャッジには高評価です。このチームが次のステージに一番近いかもしれません。ニーヨから今日のダンスはかなりプレッシャーがあったかと聞かれた時、
 
「とってもナーバスになっていたが、前日にメンターのジェニファー・ロペスに会って感動し、今日もすべてのジャッジに感動してもらえるようなダンスをした」と。
 
さすがジェニファー・ロペス、このダンス大会に出てくるほとんどのダンサーが、ジェニファーに会えることを楽しみにしています。そして改めて彼女の偉大さを確認しました。

もちろんあなたジェニファーに会いたいでしょう!!!

 Dancetown Divas(ダンスタウン・ディヴァス)

彼女たちも Redemptions (敗者復活)からこのステージに。女性の軍隊を想像させるコスチュームで登場するダンスタウン・ディヴァス。

フォーメンションダンスはヴィピープスに引けを取らないシンメトリー体制。ステージ横に階段の小道具を2か所に設け、それをうまく使っている。

(ヘイ、ヘイ)と気合の入った声を出しながら踊り、敬礼のポーズもキマッテル。ステージを終えた彼女らに対してディレクも同じ敬礼のポーズ。

同じ女の子を子供に持っているジャッジのニーヨとジェニファー。踊っている彼女たちを見て自分の子供たちも、「あなた達と同じように立派に成長できることを感じた」と。

攻撃的なメッセージを持つビヨンセのこの曲Run the World (Girls)で次のステージを目指す。