ネットフリックス,ドラマ(フォロワーズ)第4話Flaming(炎上)とは?

「ネットフリックス,ドラマ(フォロワーズ)第4話Flaming(炎上)とは?」のアイキャッチ画像

 あらすじ

あかね(板谷由夏)の事務所に入ることになったなつめ。モデルの仕事以外にも、望んでいた女優の仕事も徐々に入る。

しかし少しだけ人気が出てきたこともあり、知らず知らずのうちに放漫な態度を取ってしまう。

ヒラクからは「お前何やってんの、こんな事をするために東京に来たのか?」とか言われる始末。

表面上は良くしているが、モデルの仲間たちにはあまり評判がよくない。なつめに嫉妬している様子。

一方リミの元カレの写真家・望月民生ともう一度よりを戻そうと、お膳立てに走るゆる子。
もう十年近く会っていなかった二人に新たな展開が・・・

そしてエリコは胸のところに違和感を感じ、病院に行って診てもらうことに。その診断に動揺を隠しきれないその診断内容は?

sayo中島美嘉の勝手な行動に、翻弄されるあかね(板谷由夏)。

KENZOの新作の内覧会?へ行くが、指定とは違う自分で選んだドレスを着てくる。でも同じドレスを着ている人がいた!!

けっこう話が飛び飛びになるエピソード4なので、特に気になるシーンを!!

 第4話

アニョハセヨ)と言って、冒頭に登場するのはリミの母(ヨーコ)八代亜紀。アイドルグループMONSTA Xのコンサートを韓国に見に行って、そのお土産を持ってきた。

テーブルに並んだお土産の数々、韓国で流行っているパーカーを着させてもらうが、38歳になってそんな服着れないというリミ。

そのお土産の中の一つ「おっぱいパック」?

(これを貼ると乳首がピンク色になるの)とヨーコが言う言葉に、(えっ、ピンクになるの?!)とリミが微妙に反応する。

自分の色は違うと思ったのか?その微妙に反応するところが面白い。

この先のエピソードにも再々登場するリミの母(ヨーコ)八代亜紀。そのボケぶりのキャラがけっこう面白いです。なんか天然が入ったような感じで。

しばらくして、なつめはあかね(板谷由夏)の事務所にスカウトされることになる。ここではモデルの仕事中心だが、女優の仕事もあると聞いて喜ぶなつめ。

通された部屋には大きなsayo(中島美嘉)の魅力的なポスター。テーブルに用意された契約書にハンコを押し、契約を交わす。もう一度ポスターを見てその時、私もこんな風になれるんだと思った

大手事務所にも入り、フォロアー数も順調に伸びていることを、自慢げにヒラクに話すなつめ。

その時ヒラクは少し天狗になってるなっと思い、ある話をする。「ドロップオフ知ってる?」と聞く。

そのシーンは釣りができる居酒屋ざうお 新宿店


「あさい珊瑚が急に垂直に落ちて、深い場所に続くところ」「そこはサメもいて、流れも速い」要するにちゃんと準備しとかないと、そこは地獄の場所になると助言をする。

それからメイクルームで次回決まった女優の役の台本を読んでいるなつめ。「すごいね、もう女優じゃ~ん」とスタッフが声をかける。

でもその横にいたモデル後藤ひなた)はいい気がしない。

「次はなっつの撮影ね、衣装はどれ」と言ってかわいいドレスを持ってその場を離れる。

この時にいたモデルが「メッセージ」アプリを使ってなつめをディスる。

 

かわいいドレスを着て、撮影をしているなつめ。カメラマン、周りのスタッフからは「いいね、きれい、最高」という言葉しか聞こえてこない。

こんなかわいいドレスならアナタも(なっつ)には負けないのでは?

 


見ていてネットフリックスの良いところは、画面の下で出てくる下の吹き出し。

字幕を出したり、音声を英語に変えたりできます。そして字幕では話した出演者の役の名前まで出てきます。

こんな感じです。

よっぽどのチョイ役とかはスタッフとなりますが。

 再会

 何とかして望月民生ともう一度よりを戻そうと、お膳立てに走るゆる子。

きれいなイルミネーションが映える室内で撮影をしているリミ。

撮影が終わりゆる子が他のランプのヘアもきれいだから、見てきたほうがいいとリミに勧める。


そこに現れたのは望月民生。「え?どうしてここにいるの?」と聞くリミ。その時「ゆる子かぁ~」そうゆる子がメッセンジャーで民生を呼んだのだった。この日のために。

もう二度と会えないと思っていたリミは嬉しそう。色々話している時に民生は、バツイチになっていることを言う。そして二人の間に赤ちゃんがいた事をリミが話し出す。

自分がもっと気を付けて仕事をしていたら「そんな事はなかった」と言い、今でも自分を責める。

その時言った民生の言葉がカッコイイ。「ねえねえ、これ以上元カノの悪口言うのやめてくれる」。

そう元カノは自分の事、その瞬間リミがにっこりと。それから二人は以前のような、いい関係に。

一方sayoはKENZOの新作の内覧会?へ行くことになるが、あらかじめ指定されていたドレスではなく、自分で選んだドレスを着て行こうとする。

それを見てあかねは「どうして指定されたドレスを着てこない」と問い詰める。

sayoは同じKENZOだからいいじゃないと反発し、この服でないと「行~かない」という始末。

「行~かない」じゃないわよと言ってあかねは、急いで乗り込む。

そのことをKENZOの店にいるスタッフに連絡し、服がバッティングしていないか来客者を調べるよう指示する。

しかし、同じ服を着ているのがいた、それはなつめ。

なつめを見つけ出し、無理やりエレベーターに押し込み「脱ぎなさい、いや」とか繰り返し、何とか洋服を替えることができた。

他ではエリコがシャワーを浴びた後、鏡の前で胸を触って左のほう何か違和感を感じる。

それから病院へ行くことにした。そこで医者から言われたのは第三ステージの乳がん。

かなり進行しているが、転移の心配は今のところないが、早急に手術をしたほうがいいと進める。それを聞いてエリコは呆然とする。

 Flaming(炎上)

なつめ達がメイクルームにいる時、クライアントのポップメロディさんが来たので、挨拶するように言われその場に行くモデルたち。

「皆さんに持って帰ってもらうように新しいバッグをご用意しました」と。

その時一人のモデル後藤ひなた)が普段もポップメロディのバッグを使っていると言い出す。

それを聞いて喜ぶクライアント。その場ではにこやかに、そして楽しそうにしているが本心はこのようです。

NYLONグループのコミニュケーションアプリを使って、こんなことをやり取りしている。

 


が、なつめが参加してこないので、けしかけるようになつめに振る。そうするとなつめも同じようなことをつぶやいた。

というか仲間外れにならない為に、仕方なくと言ったほうがいいかも知れません。


次の撮影の準備ができたので、それに呼ばれるなつめ達の3人のモデル。そのうちの一人がなつめのつぶやいたここをスクリーンショット。

そして投稿。瞬く間にこれが広がり炎上!!


まさか楽しい時間から最悪の時間になっているとも気づかずに。何も知らずに新商品のバッグを持って撮影。

次回:BUG(不具合)ネットにさらされたなつめは窮地に追い込まれる。再会した民生とリミの今後は?

お楽しみに!!

出演

リミの元カレの写真家・望月民生(浅野忠信)

田嶌エリコ(夏木マリ) 群青あかね(板谷由夏)

サニー(コムアイ)

サニーのバイト仲間・ノリ(ゆうたろう)

ユーチューバー 野間ヒラク(上杉柊平)

ゆる子(金子ノブアキ)

リミの元カレ・エノン

川谷絵音

MIYAVII

リミの元カレ・ナオ、(大森南朋)

リミの友人・イサム(中村獅童)

沢尻エリカ

 

Netflix

Netflix
開発元:Netflix, Inc.
無料
posted withアプリーチ