World of Dance(ワールド・オブ・ダンス)2018シーズン2qualifiers(予選7)

「World of Dance(ワールド・オブ・ダンス)2018シーズン2qualifiers(予選7)」のアイキャッチ画像

オンラインダンスレッスン「スポともダンス」

 シーズン2qualifiers(予選7)

最後の予選7。今回はエントリーメンバーが非常に多く第7週までかかりました。

これが最終予選となるのか?74組がエントリーしていて、まだ35組が出ていません。

しかし日の目を見ることなく去っていきました。

ここで紹介するダンサーが何とか日の目を見たダンサーです。

Luka & Jenalyn
 
ルカ&ジェナリン、シーズン1からのカムバック。

力強いリフトの持ち主で、今回はどんなダンスを見せてくれるのか?

片手で持ち上げたり、体を回転させて受け止めたりと、前回よりもぐっとレベルアップしています。
曲(Marian Hill)
 
Down
の持つ意味は
 
 

 

「本当は 行きたくなかったんでしょ?でも・・・私たちも参加しましょう」

ただ参加するだけでは済まない。

北米で最年少の(Professional Cabaret)のカップルで、数々のタイトルを取っているNO1ボールルームダンサーだけに。

 

 

力強さはあるものの、今まで出場してきたボールルームダンサーに比べると、スピード感はあまりないように感じました。

でもジャッジはそのレベルアップを認めています。予選突破は大丈夫でしょう、たぶん

 キャブケーキ

カリフォルニア出身のキャブケーキ。とってもキュートなジュニアチーム。ジュニアチームと言ったら The Lob。やっぱり比べてしまいますね。曲(Jason Derulo )のSwalla

 

 

ここに出てくるにはダンスの基礎、フットワーク、アイソレーション(独立した動き)などはできている。タリア・ラモス(振付師)が作ったジュニアチーム。

 

 

見ていてとってもかわいいダンスに、会場も審査員も嬉しそうな顔をしていました。

審査員はわりとジュニアダンサー達が、お気に入りみたいです。

 ザ・ジャム・プロジェクト

ワシントン出身のアッパーチームジャム・プロジェクト。

アメリカの(Capezio ACE賞)のファイナリスト。

(Capezio ACE賞)は次世代の有力で影響力のある振付家を、ダンス界に紹介するための振り付けコンクールの事。

そこでのファイナリストならすごい振付をしていると。使われた曲 (Chicago)の の名曲 25 Or 6 To 4”の、ノリノリで。

 

 

激しいタップダンスを繰り広げるジャム・プロジェクト。

6人息ぴったりのダンスに、会場も大盛り上がりです。

前回もタップのチャンピオンが出ていましたが、それを超えらるのかそして、どこまで点数が伸びるのか?

 

 

足の動きが中心なだけに、上半身とのコンビネーションが足りないような気がして、ちょっと不利かもしれません。

 アリッサ&ジョセフ

ヨーロッパ出身のアッパーダンサー。ヨーロッパのダンスサーキットで審査員をしていた2人。

もちろんダンサー&振付師。コミカルなダンスをするところは、夫婦で出ていたキオニ&マリーに似ています。

使われた曲も似ています。

Ben E. Kingの名曲

Stand By Me

 

 

曲の選びも同じような感じで、ダンスもとても好感が持てるムードあるダンスです。

最初に本を読んでいる2人がぶつかって、そこから面白い展開をするダンス。

笑いもある独創的なダンス。

 

 

審査員の評価もかなり良い。ジェニファー・ロペスもかなりお気に入りの様子でした。

 クワッド・スクワッド

カリフォルニア・アナハイム出身のジュニアチーム、コンテンポラリーダンサー。

体の柔らかさと言うよりも、強さを全面的に出すダンスチーム。

 

 

ビールマンスピンの大技もあり、かなりスピンが得意なダンサー達。

今までのコンテンポラリーダンサーと違った雰囲気があります。

ビールマンスピンは小さい頃の時に練習しないと、体が硬くなり、できないことが多いそうです。

 

 

バレエダンサー18番のビールマンスピンは、すこしズルいかも?

ダンスする曲はデミ・ロヴァータの

Sorry Not Sorry

ごめんなさいね,おあいにく様。思う存分アピールします。

 ドラゴンハウス

アトランタジョージア州出身のアッパーダンサー。

ロボットダンスとアニメーションが得意なダンサー。

使われた曲(French Montana)

の“Unforgettable” 

 

 

これっと言った特徴がないダンス。でもここに来るにはある程度レベルがないと。

それともナーバスになってしまい、普段の実力が出なかったのかもしれません。

 

 

成長の証

キュートジュニア

 

タップダンサーの意地

 

スピンジュニア

 

第二のキオニ&マリー

神様にお願い

ゲイデュオ?