ゴット・タレント史上一番体の柔らかいソフィー・ドッシー足で弓を弾くってどんなん?

「ゴット・タレント史上一番体の柔らかいソフィー・ドッシー足で弓を弾くってどんなん?」のアイキャッチ画像

オンラインダンスレッスン「スポともダンス」

 Sofie Dossi(ソフィー・ドッシー)

アメリカンゴットタレントの2016年ファイナリスト。2回目の出場でゴールデンブザーを受け、そのままライブステージへ。2001年6月21日生まれ、17歳。

それまでは競技体操選手とダンサーだったので、体に柔軟性はありました。

この11回ゴットタレントで魅せた、その身体の柔らかさはパンパありません。

この時年齢は14歳。

 

 

体の柔らかな出場者は今までもいましたが、ほとんどが床でのパフォーマンス。ソフィーの場合は、床から伸びたスティールバーの上でそのパフォーマンスをします。

これがとんでもない柔らかさです。12歳の時シルクドソレイユのビデオを見て、それが刺激になり練習したそうです。ここまでとは凄すぎます。


 

体がエビぞり状態でバーの上でパフォーマンス。体を半分に折った状態でリンゴを食べる。

リンゴの位置が今いる状態より下側にあり、それを足で支えて食べます。

 

 

 

足をまっすぐに180度水平にして片手で回る。

人並みはずれた柔軟性がないとできないが、いとも簡単にしているところが凄い。

としかいいようがありません。

 

足で弓を弾く
 
 
最後のパフォーマンスがこれ。足でアーチェリー(recurve bow)を使い的を撃ちぬく技です。
 
(recurve bow)はオリンピック競技に使用されている弓で(正確性第一の弓)です。
 
足で的を当てるなんてとんでもないことです。
 

 

ゴットタレント最初の出場のビデオ 
 
競技体操経験とバレエダンサーであるだけその演出もみごとです。
 
これこそtalent(才能)の持ち主というのでしょう。
 

 ゴールデンブザー

2回目の出場で、ゲスト審査員のリーバ・マッキンタイア(Reba McEntire)から、(言葉よりも大きな行動をする)と言ってゴールデンブザーをもらいました。

サーカス団顔負け?超えているかもしれません、この身体能力をみれば。

おしりを頭に着けて回転しています。

 

 

地上だけのパフォーマンスだけに留まらないとこが、ソフィーの才能豊かなところです。

エアリアル(空中パフォーマンス)。リングを使ったパフォーマンスがまた素晴らしい

天井からつるした金属製の輪(リング)の回転と、ソフィーの人並みはずれた柔軟性がおりなす調和と美しさ。

首だけで体を支えながら、回転するそのシーン。

 

 

足首だけで体を支え降りてくる、そのパフォーマンスも現実離。

リングを思いのままに使うパフォーマンスが、様々な非現実的な世界を全員に見せたと思います。

この人並みはずれた能力をもつパフォーマンスが、ゴールデンブザーをもたらしたのでしょう!!

 

 

布を使う「エアリアル・シルク」も少し取りいれて、パフォーマンスをします。

その美しさは数多くの人を魅了しました。

アメリカのイベントショーや舞台においても、目にすることの多い空中演技の一つ「エアリアル・シルク」。

絶対ソフィーが優勝したと思っていたのですが、ファイナリスト止まりでした。

今ではかなり活躍しています。nbcのハーフタイムショーや、テレビ番組に引っ張りだこ。

インスタグラムのフォロアーも120万突破しいます。

 ファイナリストの演技

衝撃のデビューからファイナリストまでのパフォーマンスは、凄いとしか言いようがありません。

 

 

 

つま先立ちかと思ったら、なんと足の爪あたりでそして体をエビぞりに。

 

 

最近はMatt Steffanina(マット・ステファニーナ)と一緒にダンスをしています。