ジャバウォーキーズ(JABBAWOCKEEZ )マスク姿の人気ダンスクルー

ジャバウォーキーズ(JABBAWOCKEEZ )マスク姿の人気ダンスクルー

   Best Dance Crew 

白いマスクと手袋がトレードマークJabbawockeez(ジャバウォーキーズ)、アメリカ・サンディエゴ(カリフォルニア州)が本拠地のヒップホップダンスグループ。名前の由来は、児童文学「鏡の国のアリス」に登場するドラゴンのような架空怪物。その名にふさわしいモンスター級のダンスパフォーマー。Jabbawockeez(ジャバウォーキーズ)とは メンバー全員が無表情の白い仮面(マスク)と手袋をつけているのがいるのが特徴で、そのジャンルは、ヒップホップ、ポップ、アニメーション、ブレイクダンスなど、多岐に渡っています。白い仮面(マスク)を被ることで、彼らを目立たせるだけでなく、手袋をつけることでダンサーのユニークな動きに注目を当てることができます。そのダンスは完璧に統率の取れたダンスですが、Jabbawockeezにはグループのリーダーはいません。演奏のための振り付け、音楽やデザインの選択を各個人にリスペクとしているダンスチームです。それでいて統制取れすぎのダンスがすごい。それと何と言ってもあらゆるダンスのスペシャリストが出場するワールドダンスのステージに常に立っているJabbawockeez。 今回はNBCのダンスコンクールシリーズ 「World of Danceに出場します。各地区の[Fronto-low]から勝ち上がってきたダンサーで審査されるダンス大会です。「ジェニファー・ロペス」(エグゼクティブ・プロデューサー)、「デレク・ハフ」、「NE-YO」、「ホスト/メンター・ジェナ・デワン・タタム」など舞台で優秀なダンススーパースターの審査チームで審査されます。
世界のエリートダンサーを集めて、「振付、パフォーマンス、クリエイティブ、プレゼンテーション、テクニーク」の5項目の審査があり、その合計点数の最も高い者が優勝します。賞金は約1億円、予選を勝ち抜いたものだけがステージでの審査対象となり、プロアマ関係なく出ています。[あの若き天才ダンサーイアンイーストウッド]
、[Tim .Milgramのjojo・gomez ]ブレイクダンスの[BーBOY]出ていますが彼らでも決勝まではいけない、それぐらいレベルが非常に高いダンスコンテスト。ダンサーは、ヒップホップ、ポップ、ロッキング、タップ、バレエ、ブレイクダンス、ボールルームなど、多岐にわたります。ソロダンスで本大会まで来たのはバレーダンサーだけで、コンテンポラリーダンスをしていました。若者に人気のブレイクダンスではちょっと無理みたいです。演出時間は約3分程にどれだけパフォーマンスできるか?超ハイレベルのダンサーたちが競うダンスコンテスト。そんなダンスコンテストに「Jabbawockeez」に出場その時審査員が「どうして,何故」出てきたのと驚きを隠せない様子。また全員がもちろん「Jabbawockeez」のことは知っていて、[Jabbawockeezファンである、ここで会えてうれしい]とも言うくらい全米では人気のダンスチームです。


  Taylor Swift Performing “22”

2013年ビルボード・ミュージック・アワード「22」。テイラースウィフトと共演しています。共演できるなんて羨ましい、今後も他のアーティストとのコラボが増えてくるに違いない。

    WORLD of DANCE 本大会予選

予選と言っても本大会の予選です。今回も審査基準を通過して次のステージに行けたんでしょうか?多分余裕の突破でしょう、このダンスを見れはわかります。





KINZAZ「キンジャ」はJabbawockeezと同じダンススタイルに近いダンスチームです。仮面こそ付けていませんが、マスクみたいなものを付けてダンスするシーンが多いチーム。最大のライバルと言っても過言ではありません。ダンスセンス抜群のKINZAZ「キンジャ」。


   Robot Remains

これぞ究極の7人体制のロボットダンス。最後の見せ場が凄すぎる。ただ単なるロボットダンスではなく、合体して大きなロボットを作り上げるシーンが最大の見どころです。会場はスタンディングオベーション。このチーム「Jabbawockeez」を知らないなんでかわいそう。音楽のジャンルに関係なく、難なく踊りに変えてしまう所しかもコミカルなダンスも取り入れ、おおいに楽しませてくれます。圧巻のパフォーマンス。ラスベガス中心に公演をしていて結構人気のライブです。来日はあるのでしょうか?是非とも日本来てほしい

スポンサーリンク