オリビア・オブライエン、ベア・ミラーの女性洋楽、新鋭歌手を見逃すな!!

「オリビア・オブライエン、ベア・ミラーの女性洋楽、新鋭歌手を見逃すな!!」のアイキャッチ画像

 オリビア・オブライエン(Olivia O’Brien)

アイランドレコードのシンガーソングライター、オリビア・オブライエン
(Olivia O’Brien)1999年11月 26日生まれの18歳。 
Gnash.(ナッシュ)とのコラボレーションi hate ui love u

がその当時(2016年)世界中で10億ストリームに近づく勢いで、そしてYouTubeもすでに3億回再生。

これだけ再生回数がある曲なら,洋楽好きのあなたも、どこかで聴いた事があるかもせれません?


そのオリビアが歌うFuck Feelingsは一押し。意味深なこの曲名「Fuck Feelings」俗語でよく使われる言葉Fuck 。アメリカのテレビでは必ずピーが入るこの言葉は、色んな意味を持っています。

 

 

ここでは多分強調した言葉で、「気持ちが高ぶっている」もしくは「抑えらない感情」というように使ってると思うのですが?Fuck Feelings

オリビア・オブライエンは2014年頃にSoundcloudに音楽を投稿し始めました。最初に投稿したカバー曲はBastille(バスティーユ )の「Flaws」とCash Cashの「Take Me Home」

ほとんどのアーティストはYouTubeにアップロードするのですが、自分の姿を出すことが恥ずかしかったのでしょうか?でもかなり可愛いオリビア・オブライエンなのに。

このSoundcloudも無料に使える利点があり、プロも使っているSoundCloud(サウンドクラウド)


 

ドイツのベルリンに拠点を置くSoundCloud Limitedが運営する音声ファイル共有サービス。グーグルプレイからもインストールできます。

このようなマークを見たことがある人もいると思います。これがSoundCloud(サウンドクラウド)

SoundCloud: 音楽&オーディオ
ミュージック, ソーシャルネットワーキング無料iOSユニバーサル


そしてGnash.(ナッシュ)とのコラボの後に新しいシングルRIPをリリース。
アルバムのIt’s Not That Deepに入っている曲は5曲。どれもかなり聴きやすくいい曲ばかりです。最近の中ではかなりのお気に入りで、絶対おすすめのオリビア・オブライエンの曲。

 

後シングルで気になる曲は、Trust Issues(信用問題)?この曲もいい歌です。18歳にしてはかなり大人びたオリビア、No Loveを歌うシーンはどこかのクラブの専属シンガー?

NO LOVE(愛はいらない)「ロスでは愛なんか大したものじゃない、ロスには愛がない」と歌う過去の経験?からくるこの曲も落ち着いて聴けます!!


 Was It Even Real?

新しいアルバムの「Was It Even Real?」発売に伴ってアメリカの各地でコンサートをしているオリビア。見ているとかなり人気があります。オリビア信者みたいなファンもいるような雰囲気のコンサート。

せっかくここで紹介したのに、鳴かず飛ばずだったらどうしようと思いましたが、これで一安心です。もっと有名になってほしい歌手の一人。


 Bea Miller(ベア・ミラー)

本名はBeatrice Annika Miller [ビアトリス・アニカ・ミラー]、歌手、モデルとして現在活躍中。

1999年2月7日生まれ。2012年にThe X Factorに出演し、第2シーズンで9位。


 

その時の実力が認められてHollywood Records / Syco Musicと契約を結び、アルバム作りに取り組み始めました。ビューアルバム「Not An Apology」は、Billboard 200の第7位に。

それよりこの曲がお勧めです。yes girlはかなりインパクトのある曲、「イエス・ガール」これは絶対におススメです。このイエス・ガールの本当の意味が強烈すぎます。

 

アメリカの俗語で「簡単にセックスをさせてくれる女、ナンパしやすい女」いわゆる都合のいい女。

「私はあなたのイエス・ガールではありません、もう、私を行かせて、私を行かせてください」そんな悲痛な歌詞を訴えるように歌うベア・ミラー、この年齢でこの歌を歌うのはすごい勇気がいる曲。

心に残ると言うか、強烈なインパクトのある曲です。あなたも聴いたら頭から離れないでしょう?

Aurora
 
 
アルバム(Aurora)に入っているのは全14曲、どれもかなりいい曲が多い。10代でこんな曲ができるなんて羨ましい限り。是非とも聴いてほしい曲ばかりです。
 

 

Song Like You

burning bridges

Motherlove

I Can’t Breathe

like that(おすすめです)

Buy Me Diamonds

Outside

Girlfriend

Bored

Warmer

Repercussions

S.L.U.T.はこんな感じで、割とポップな感じの曲

その中でも特におススメはburning bridges (燃る橋)もかなりいい曲。「バーニングブリッジ」これにも意味があって 燃える橋ということは、行き来する橋が燃えていて向こうに行けない。

 
そこから「縁を切る」という意味に。
 

 

歌詞の内容は、あなたが必要なのに、橋が燃えているからもう後戻りできない。。。切ない恋する乙女歌です。18歳にして、強烈な曲を歌うベア・ミラーがいい!!あなたもそう感じるでしょうか?