NBCワールド・オブ・ダンス(シーズン4)2020が始まった!

「NBCワールド・オブ・ダンス(シーズン4)2020が始まった!」のアイキャッチ画像

シーズン4)2020

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Did someone say “dance off?” #WorldofDance

World of Dance(@nbcworldofdance)がシェアした投稿 –

こんな感じで今年5月の中頃に始まりました。

コロナウイルスの影響を考えて、ステージは無観客になっています。ステージと言うかどこかの部屋の一室?

ダンスルームみたいなところを使って、審査が始まります。無観客なので少し寂しい気もします。

審査員はいつもの3人。ディレク、ニーヨ、ジェニファー・ロペス。審査基準であるポイントの5項目を使って点数できめる方法ではありません。

「パフォーマンス、テクニーク、振付、クリエイティブ、プレゼンテーション」の審査ポイント

今回は、一人一人が口頭でイエスまたはノーで答えるやり方です。

今の時点では予選が終わり、DULS(決戦)の判定が始まっています。予選の段階では完全無観客でした。

が、DULS(決戦)の時にはステージの両サイドに、数十人の観客。そしてこのコンペに出場しているダンサーがいました。

やはり観ている人がいると、ダンスにも力が入っているようです

もちろん観る方もその方が楽しい!審査もイエスOrノーではなく、2組のダンサーがステージでダンスを披露。

終わったらまたステージに上がり、ホスト役のスコット・エバンスが審査員に判定を委ねます。

名前を呼ばれた方が、次のステージに行くことができます。

審査員は3人なので、必然的に2人に指名されれば次のステージへ。

 ベイリー・ソクが出場

おでこを初めて出したベイリー。なかなかキュートです。💛

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

should i grow my hair out? or go back to da bob ??

bailey✨(@baileysok)がシェアした投稿 –

 

2019年シーズン3に引き続き今回も出場。前回はチームー(Sーランク)のクルーとして出場。

今回はHip-hop duo「 Bailey & Kida」のデュオで出場しています。頑張ってほしいベイリー。

その期待に応えて予選は見事に突破。それから次のステージDULS(決戦)に挑戦。

DULS(決戦)のダンス

James and Harrisのコンテンポラリーダンサーが、その対戦相手です。このデュオがなかなかのダンスをします。

今までのコンテンポラリーとは違う、ヒップホップダンスを取り入れたような感じ。

かなり手ごわい相手です。負けたかも?と思わせるぐらいうまいです。

果たしてベイリーは次のステージに行けたのか?

今はDULS(決戦)のダンスを終えその結果待ちのシーン。

ホスト役のスコット・エバンスが初にニーヨを指名して、どちらを選ぶか聞きます。

その次がジェニファー。最後がディレク。

ニーヨが「Bailey & Kida」の名前を挙げる。続いてジェニファーが「James and Harris」を指名。

これで1対1となり、残すはディレク待ちです。

責任重大のディレク。「すぐに戻ってくるからっ」と言って、席を立つところが面白い。それぐらい緊張している様子。

以前の審査では点数をつけて、3人の合計が高かった方が次のステージに。

が、今回は本人を目の前にして、その決断を下さないといけない。

果たしてディレクはどちらを指名したのか。ファイナルアンサーは?

 チームダンス

今回の特徴は「ジュニア、アッパーダンサー」ともに、チームダンサーのダンスに勢いがあります。かなり見ごたえのあるチームダンスです。

ジュニアダンサーは年齢が18歳以下。アッパーダンサーは年齢が18歳以上。それでチームを作り、5人以上のダンサー構成をチームと呼びます。

但しジュニアチームは、11人までとなっています。

ハイレベルなチームダンス

このダンスが一番のお気に入り。手の使い方が超うまいです。

ジュニアチームも頑張っています。超高速ラップソング(エミネム)のGodzilla

いとも簡単に踊っている、そのダンスがカッコイイ!

今後もこのダンスの様子を出していきたいと思います。

音楽を聴くならアップルミュージック。

Try Apple Music

Semi Fainal

Bailey & Kidaのセミファイナルのダンス。白黒のモノトーンの衣装で、臨むセミファイナル。

 

youtube動画