(ワールド・オブ・ダンス)the qualifiers(予選)1ハイライトシーン

(ワールド・オブ・ダンス)the qualifiers(予選)1ハイライトシーン

  THE qualifiers(予選)episode1ハイライトシーン

THE qualiflers(予選)

トップバッターはブレイクダンサーの最高峰と言っても過言ではない、チーム「スーパークルー」どんなダンスを見せてくれるのか?世界各国より集まった、ブレイクダンスの天才たち。アメリカはもとより、ブラジル、韓国、ベネズエラ、日本とワールドワイド級の集まりです。

ダンスの審査は5項目、「パフォーマンス、振り付け、テクニーク、クリエイティブ、プレゼンテーション」合計100点中80点が合格ライン、判定はいかに?ブレイクダンサーの最高峰の実力を発揮!!
ここのところがこのダンスのポイントと思われる、まるで水車のように下から上に上にあがって来るこのシーン、その間からダンサー飛び出て、また新たなダンスを展開するシーンが、途切れなくダンスを繰り広げていくシーンがヤバいです。
ダンサー全員の片手倒立?も圧巻。ここもきめのポーズ、身体能力抜群の「スーパークルー」さすがです。
審査員の評価も上々、流れる水のように次々に止まることなく演出しているところが素晴らしいと、絶賛の言葉。

次回「The duels」 決戦では、度肝を抜く技が出ます。楽しみ!!!

Dangelo&Amanda ディアンジェロ&アマンダ

NBCのアメリカ[Got Talent]でシーズン8のファイナリストまで残ったボールルームダンサー。ジュニアではかなりレベルが高いディオ。手をつないでの側転はなんと言っていいか感動をも覚えるぐらい素晴らしい。

ステージを余すことなく、チャチャやジャイブアクションを取り入れたダンスがなんといってもいい、いい。全く乱れないし、ダンスの流れが速いし、力強さがあふれていると思いました。

もちろん次のステージに、最後にアマンダ(女の子)が観客に横滑りしながら、回転して挨拶する所もまたカッコいい。そこを自然にできるのは、慣れているのでしょうね。?!

LES TWINS
 
 参加ダンサーたちからレジェンドとも呼ばれる双子のフランス出身のツインズ。自らのダンスシーンをYOU TUBEに動画をアップロードして有名になり、ビヨンセのバックダンサーとしても活躍するツインズ。
息ぴったりのダンス、考えたら双子だからそれもそうか、とうなずいています。うまいことはうまいのですが、特に見せ場というところもなくって、という感じしかないのですが、あなたはどう思いますか?彼らが今回の最高得点を出しています。なんと驚きの95.7点。

Dianna Pomba
 
Capezio Dance Award「カペッチオ・ダンス・アワード」の優秀賞、ザ・ダンス・アワードのミニベストダンサーなど、地域および国内の複数のタイトルを獲得しているジュニアダンサー。今回はあこがれのジェニファー・ロペスの前で演技。
 Sia(シーア) の Bird Set Freeの曲で踊るダイアナ。ボロボロになった羽、飛び立とうとしているが押さえつけられ、飛び立とうともがいている・・・・

歌詞が伝えている言葉を体中いっぱいに表現するダイアナ、悲壮感漂う曲に会場も。パッション」みなぎる渾身のダンス。やっぱりシーアは良いですね。声にも特徴があり、一度聴いたら忘れない歌声と、メロディー。特に思い出の曲でもないのに、自然と涙が出てくる曲が多いように感じます。

だれしも自分の中には初めから、自分に合った曲を好む傾向があるそうです。もしSiaを知らないのならおススメします。
コンテンポラリーダンサーの特徴を表している体の柔らかさ、他のダンサーも体が柔らか人はいていると思いますが、足でオデコをまるで手で拭うかのようにするところに審査員も言葉を失う。
ここが最大の見せ場でしょうね!!

ジェニファー・ロペスに涙を浮かべながら「あなたは私のアイドル」と言って、ステージでキスをしてもらうダイアナ。これを見た会場もダンサーたちも、涙がこらえきれない様子。

ダイアナが今回ダンスコンテストの中心かもしれない。次のステージでも。ここは何度見ても「うるっ😢」ときます。
合格ラインの80点オーバーの時にかかる Sia の「Un stoppable」。ここでも少し「うるっ😢」と。次のステーもこの歌のように「アン・ストッパブル」で行くはずです。

KINJAZ
 
ダンサー/振付家の Mike Song と Anthony Lee によって最初に結成された Los Angeles ベースのパフォーマンスグループ、The Kinjaz。そのパフォーマンスはどことなく、Jabbawockees「ジャバウォーキーズ」に似ています。

ダンスの基本に忍者があり、日本人と思っていたら中国人ぽいです。なぜ日本の忍者なんて思いますし、ダンスの曲も日本語の歌があります。これにはびっくりですし、聞いた事ない曲で、よくもまこんな歌「どこから仕入れてきたのっ」と突っ込んでしまいました。

審査では高得点を叩きだすキンジャズ。プレゼンテーションでは周りにサクラの花の演出も、考えつくされた完璧な演技です。

曲の終盤で、「オープン ユア ハンズ テイク ア グラス」とオチョコをもって酒を飲むシーン。これもダンスで表現するとは、さすがです。

でもどこまで日本を意識してるねんとこれまたツッコミながら見ていました。次回のステージではもっともっと日本を意識した?使った?曲で攻めてきます。

THE qualifiers予選)①

外部アクセス無しでここで見ることが出来ます。自宅にwifi 環境があれば心置きなく楽しめます。なければ wifi 環境のあるとこで見るのが良いかと。

もしwifi環境あればじっくりファイナルステージまでご覧いただけますが、吹替ではありませんのでご注意を。

進行役の解説や審査員の審査や、ダンサーに対するジャッジの基準はその雰囲気(手振り身振り)で大体わかると思います。自分自身も大体わかったつもり?で見ています。そのままで見る方がその場の臨場感が伝わり、意味が分からなくてもこっちの方が好き?!。

吹替が良いのなら「D LIFE」。視聴できるのは配信から1週間のみで、そのあとは見逃し配信は見ることが出来ません。

「あっ」でもテレビで録画していれば問題いか?!それでもその時、録画できない人はどうするの?友達に言って、録画をしてもらったのを見に行く?それともお願いして CD,Blu-ray に録画してもらうかしかないの?
その時友達はレコーディングできる器械を2台持ってないとダメなんじゃないの?1台だけならその機械のハードディスクで録画、もう1つはcd、もしくはBlu-rayでの録画となり、その録画してもらったCD、Blu-rayを見る。また録画してもらいに行く。そんな良い友達がいれが良いのですが。
 
番組の回が進むにつれてお願いするのも言いにくくなって、もう良いかと諦めるしかない?途中まで見て最後まで見ないのはつらいかも?! エピソードは最終決勝までで10回ある。どうする、どうする?やっぱりWi-Fiしかないかもしれません。もし見逃しているのなら、そして英語バージョンでもいいのなら、ここで!!!
 

the qualifiers(予選)2ハイライトシーン

  ワールド・オブ・ダンス全貌


ダンス好きなら必ず?見ていると思う映画。1番目は、ここで活躍しているイアン・イーストウッドのデビュー映画「ハート・ビート」。バレエとヴァイオリンそれとヒップホップの融合ダンス映画です。

ニューヨークで若者が繰り広げる友情とダンスバトル。主人公が持っていたヴァイオリンが盗まれてから始まり、最大の見せ場はダンスコンテストに出場しますが、なんとそれはクラシックバレエのダンスコンぺ

ここにヒップホップダンスとヴァイオリンの融合がどうなるか見ものです。かなりハマりますし、流れているサウンドトラックもすごくいい曲ばかりです。

error: Content is protected !!