World of dance(ワールド・オブ・ダンス)2018シーズン2予選(qualifiers)2

「World of dance(ワールド・オブ・ダンス)2018シーズン2予選(qualifiers)2」のアイキャッチ画像

 予選(qualifiers) 2 

the lob (ザ・ラボ)
 
ジュニア・チームという新しい部門からのステージ。ジュニアは新しく2つの部門に分かれ、ジュニア(18歳以下、1~4人のダンサー)と新たにジュニア・チーム の部門ができて(18歳以下、5~15人のダンサー)として分けられています。
 
今回から新しいメンバーが入っている。ちびっこ2人、シーズン1でもキレキレのダンスを見せてくれ、楽しませてくれた。ダンスセンスはジュニアチーム no1 だと思う。

Kingdom(神の国)
Radically(土台)
Uplifting(精神的な高揚)
Mighty(巨大)
Praise(賞賛)の各頭文字

 
ダンススタイルはどこかレ・ツインズに似ているというか、そっくりのような気がします。

 
動く、動く、さもないと落ちていくストリートダンスの(KRUMP)スタイルに相応しい、過激な内容の歌。巷ではレ・ツインズの後継者とも言われていますが、どうなんでしょうか?
 
それともレ・ツインズが送った刺客かもしれません。あなたならどう思いますか?そんな過激な曲はビック・ショーンの[moves]ヤバイです。!

 

Fabulous Sisters(ファビュラス・シスターズ)
 
ジュニアチーム、ファビュラスシ・スターズ。「WORLD OF DANCE」(front row)のユース部門で優勝を飾りました。そのダンスで臨む大和撫子ダンサー達。

 
 
スピード感あるれるダンサー達。この上ないダンスに圧倒されっぱなし。こんなダンスができるなんて、日本人離れしているほどのアップテンポのダンスです。曲は天才ヴァイオリニストDavid Garrettの「Beethoven Scherzo

 

 

Charity & Andres (チャリティ&アンドレス)
 
ジュニアダンサー、チャリティ&アンドレス。ユタ州スプリングヴィル出身.前回のワールドオブダンスを見て、ここに出ることにしたようです。でもそんなに簡単に出場できるの?
 
 
Say You Won’t Let Go」、どこへも行かないと言ってくれ。ジェームス・アーサーのno1ヒット曲に乗せて踊る2人。ステージ曲や2人の雰囲気が、キオニ&マリーにどこか似ているような気がします。
でもダンスは大胆でバレエの経験を生かした跳びの大きいダンス。
 
 
 
 
細身の体からは想像できない軽々と持ち上げる、力強いリフト。空中で脚を打ち付ける(ブリゼ)もとても高い。楽しくメロディーに乗って踊っている姿が好印象。審査員の評価も上々のようです。


各ダンサーの予選の審査結果は?
 
小さな巨人ラボ
 
メキシカン魂
 
大人の演出
 
大和なでしこ出陣
 
フランスの刺客
 
永遠の誓い