Tove Lo(トーヴ・ロー)スゥエーデン人気女性アーティスト

Tove Lo(トーヴ・ロー)スゥエーデン人気女性アーティスト

  Tove Lo(トーヴ・ロー)人気上昇中シンガーソングライター

スウェーデンストックホルム出身の歌手。本名は[トーヴ・エッバ・エルザ・ニルソン]、[トーヴ・ロー]のアーティストネームで知られています。英語読みの[トーヴ・ロー]の方が良いみたいなので、この名前で徹している彼女。

典型的なエレクトロニクス・ポップを叙情的感情で、声に出して歌い上げる歌い方。
トーヴ・ロー」の音楽は既存のものに取ってかわる新しいものを、題材にした曲が多く、彼女の曲は生き方に対抗する価値観をもった、文化的な意味を持った曲が多いのが特徴です。

簡単に言うと日々の生活の中で、起こった事を情緒豊かに表現する仕方が少しばかり、大げさなだけだと。その代表作「ハビット(ステイハイ)」は、何とイギリスでトップ10に入り、アメリカではトップ20に入る快挙。

全世界では200万枚以上の売上、あのケイティ・ペリーからも注目を浴びている(トーヴ・ロー)はケイティ・ペリーから世界ツアー参加のオファーをもらっていますし、テイラー・スウィフトのコンサートのもゲストとして歌っています。

 

   Habits (Stay High)

ゆきずりの関係や(やけ食い)などを招いて、歌詞の中で彼女は日常的に「家に帰ったらつまみ食い,お菓子を一箱食べたら,お風呂で吐いてベッドに行くの」と言ってます。この歌で彼女が現在形を使っているのが日常普通に行われれいるのであれば、深刻な歌で結構ヤバイです。
でも私生活もこんな感じではないかと思います。彼女の素の表情が見られたムービーだと思うのはわたしだけ?

   Talking Body

トーキングボディ、この曲も大ヒット曲の一つで、テレビライブの時は無理な映像です。普通のライブの時にしかしないポーズ?と言うか動き?男性必見です。

女性もこの曲が流れると期待するポーズと言うか仕草?この曲の時は相当興奮します。初めてみたときは「マジで、嘘っと!」声をだしてしまいました。
絶対に海外の音楽系のテレビ番組では放送できないし、彼女もやりません。気になりませんかこのライブ映像、知らない方は見たほうが良いですよ。
これで人気が出たかもしれませんし、でも彼女の音楽に対する考え方からすると普通かもしれません。


2017年4月リリース
The Struggle

歌う前に「自分自身にうんざりしている。抱えている問題が多すぎる」と言っています。何か私生活に問題でもあったの?結構意味深な歌詞。今一番のお気に入りの曲です。

 Live in NYC

かなり過激な「Talking Body」の踊り?、表現?と陽気な「Time Bomb」殆どのアーティストがニューヨークのライブではエキサイトしますがトーヴ・ローやり過ぎ?
こんな事するのはトーヴ・ローとチャーリーXCXだけです。

でもそのほうが見ている方には良い。彼女のコンサートは地元ヨーロッパもそうですが、結構アメリカでライブをする事が多い。海を渡ってアメリカに行く前に、日本はスルーかよと突っ込みたくなります。

あまりにも日本では人気なさすぎ?!彼女の音楽は日本では受けいられないのでしょうか?曲も全然普通に聞けますし、ほかの女性海外アーティストと比べてもそん色はないと言い切れます。是非とも来日してほしいアーティストの一人です。あなたもそう思いませんか?

 Time Bomb(時限爆弾)

[Time bomb]Tove Loのデビューアルバム「Queen of the Clouds」のプロモーションシングル「時限爆弾」踊りもまさしく時限爆弾級を披露してくれます。あなただけに。もちろんニューヨーカーも大喜びの「タイムボム」爆発してもらいましょう?

ライブ演奏や音楽制作の際に、電子ドラムやパーカッションを使用して個性豊かな表現を行う演奏者が増えています。

持ち運びやセッティングが簡単なこの手の小型のものが、今人気になっているのはうなずけます。トーヴ・ローの足元近くには必ずこのようなパーカションを置いて使っているのは、かなり音を大切にしているのですね。

   Flashes Live at Bonnaroo

flashes「ひらめく」歌詞の内容はかなり過激です。その表現の仕方が tove loらしい。
アメリカテネシー州にて行なわれている野外ロック・フェスティバル、「ボナルー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」のライブ


2017 Live映像