STEP UP 4ストリートダンスをアートに昇華させた若者たち

STEP UP 4ストリートダンスをアートに昇華させた若者たち

 ファイナルダンス革命

あらすじ


再開発する事になった地区で開発セレモニーを開くホテルのオーナー(アンダーソン)。壇上に市長が上がり、金のスコップを持ってこれからマイクで開発のスピーチをしようとした時、マイクから音声がでなくなり突然音楽が鳴り出した時にショーンの声が聞こえる。



[モブ]とは何か、誰がモブなのか?言葉で言うより・・・・・・・・椅子にすわってる招待客、アンダーソン、エミリーや他の客人たちも呆然として立ち尽くす。

倒的なパフォーマンスに、アンダーソンや、市長、スピーチを聞きに来た住民達もダンスに魅了され、拍手喝采。重力を無視したダンス?見たもの全員が、ダンスのもつ素晴らしさに気づき感動するシーン。

トランポリンを使って大きくジャンプしたり、ゴムのチューブを巻きつけてその反動で、上から下へ、下から上への動きに圧倒されます。自分もできたら良いなと、感心しきりです。

また、ここで唯一日本人女性のダンサーが出ています。このシリーズ3回連続で、名前は甲田真理さん。

米国に渡って本格的にダンススキルを磨き、ダンスコンテストでも優勝するぐらい、レベルが高い人です。世界的に有名なヒップホップ・アーティスト集団『ロック・ステディー・クルー』に所属。ねえ、姫そう思わない?


 最後のダンス

モブ達ダンサーのダンスが終わり、そのダンスに感動する市民や市長そしてアンダーソン。何やら大きな契約ができるみたいなシーンがあり、大手企業家から名刺をもらう。ショーン。
ショーンがエミリーに一緒に踊ろうと手を取る。ダンスに理解がなかったアンダーソンも最後はダンスを認めエミリーに一緒に踊ることをすすめる。



キャスト
ショーン:     ライアン・ガスマン
エミリー:     キャサリン・マコーミック
エディ :     ミシャ・ガブリエル
ビル・アンダーソン:ピーター・ギャラガー
ジェニー・キド:  甲田真里
ムース:      アダム・G・セヴァーニ

 WORDS

2人の出会いからダンスへの思い、葛藤、表現を表しています。これも涙さそう音楽とダンス。
曲は SKYLAR GREY(スカイラー・グレイ)のWORDS。アメリカ合衆国のシンガーソングライターで。 自身以外にも、他のアーティストへも積極的に楽曲提供。

手掛けた作品は、世界で延べ2,500万枚のシングルを売り上げがあり、そして グラミー賞に5回もノミネート。


スカイラー・グレイをもっと聞きたいなら

どうして 日本未公開なんでしょうか?次の作品は是非とも公開してほしい。


step up 5