今話題のルエル(Ruel)は超がつく美少年シンガーソングライター

「今話題のルエル(Ruel)は超がつく美少年シンガーソングライター」のアイキャッチ画像

 美少年シンガー(ルエル)

出身はオーストラリア・シドニー。新星シンガー・ソングライター(Ruel)ルエル。2002年生まれの17歳。身長はなんと190cm。

幼い頃に父の影響でブルース、ジャズ、ソウルの世界に引き込まれ、10代になると自身の経験を歌にするようになる。

注目を浴びるようになったのは、グラミー賞受賞プロデューサーのM-Phazesに見いだされ、自費制作リリースのデビューシングル

「ドント・テル・ミー」がきっかけ。

美少年と言う言葉がぴったりの(Ruel)ルエル。第二のジャスティン・ビーバーとも呼ばれています。そう言えば何となくジャスティンに似ているかも?

これだけの美少年ですが、モデルの経験はないそうです。でもこれからモデルの依頼が絶対あるはず。そしてすでに東京と大阪で開催された音楽フェスティバル「ポップスプリング2018」で初来日。

その後「サマーソニック2018」で再来日しています。最新EP『Free Time』を引っ提げて、来年2020年3月に来日公演があります。

「Ruel TICKET INFORMATION

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

@gqaustralia @louisvuitton

RUEL(@oneruel)がシェアした投稿 –

公演中止のお知らせ

2020年9月29日(火)梅田 TRAD
2020年9月30日(水)渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

彼の曲を初めて聴いたのは

Younger

ピアノから始まるイントロが、なぜか懐かしく聴こえてくる。そして程よい気持ちにさせてくれる歌声とこのメロディー。

それは10代の切ない物語。お互い成長していくなか、親友と離れていってしまう曲。悪ガキ2人の思いでが詰まった曲とビデオ。ルエルと親友の二人で入ったコンビニ?。

ルエルが店主と話している時、その親友が商品を万引きする時に、店主に見つかってしまう。

そしてその場を逃げ出したルエル。

自分も共犯として捕まったほうが良かったのか、やるせない気持ちで悩む帰り道。それから親友との間に距離が広がる。

自分にもこんな時代があったと思いだし、そんな懐かしさを感じさせてくれる曲の

Younger

とっても聴きやすく、ほろ苦い思い出の曲。



appleで聴く

 Don’t Tell Me

デビューのこの曲は、2017年11月に公開された「Beats EP」 オンイヤーヘッドホン – ブラックのCMに起用され、それも手伝って人気に拍車がかかった。

Beats EP オンイヤーヘッドホン -電池残量を気にせず好きなだけ再生、マイク/コントロール付き- ブラック

ソウルフルなバラードを彷彿とさせる「Don’t Tell Me」を歌う、この時の年齢は弱冠14歳。

しかもボイストレーニングをも受けていない。

それは正しくまさしく、天性の声の持ち主と言っても過言ではありません。

そしてこの曲を聴いた、あのエルトン・ジョンさえも感銘を受けたようです。

既に来日しているので、かなり日本でも知っている方も多いかもしれません。

それにこれだけの美貌と、ソウルフルな歌声の歌手はあまりいないと思います。

2020年ブレイク間違いなしなので、是非とも押さえておきたいアーティスト筆頭です。

あわせて読みたいイケメンシンガー

最新EP『Free Time』

 

1 Don’t Cry
2 Real Thing
3 Painkiller
4 Hard Sometimes
5 Face to Face
6 Unsaid
7 Free Time