PITCH PERFECT 2 ファイナル・チャンピオンシップ

PITCH PERFECT 2 ファイナル・チャンピオンシップ

  チャンピオンシップの頂点へ

会場へ向かうベラーズ、巨大な野外ステージには既に各国のマスコミが。応援には、ベッカの恋人ジェシーが率いるアカペラグループ「トレブルメーカーズ」もアメリカから駆け付けている。


その中のベンジーは、エミリーの入学時から彼女に夢中だ。ついに大会の幕が上がる。各国を代表する王者達のパフォーマンスに、ベラーズの緊張も高まっていった。

  ダス・サウンド・マシーン ファイナル

日が暮れ、DSM(ダス・サウンド・マシーン〉の出番がやって来た。大迫力の炎の演出に、相変わらず完璧なステージ。客席には彼らのファンも多く、会場は異様な熱気に包まれていた。

そのステージを見るベラーズ、その迫力あるシーンに言葉も出ない。オーディエンスもすべてDSM(ダス・サウンド・マシーン)を応援しているように見える。

   ベラーズ ファイナル・パフォーマンス

最後に、ベラーズのパフォーマンスが始まる。シンプルな衣装に、ハンズクラップ。何度も苦い経験をし、自分達らしさを取り戻したベラーズのステージだ。ベッカのアレンジしたマッシュアップを披露すると、次第に曲調が変わる。

それはエミリーのオリジナル曲だった。そして、バックコーラスには歴代のベラーズOBが登場した。エミリーの母もいる。観客席では、ベンジーがペンライトを配って歩き、会場いっぱいベラーズを応援してた。



あまりにも分かり切った結末ですが、見ていて飽きない[ピッチ・パーフェクト2]

 

 

PITCH PERFECT3へづづく