マイルチャンピオンシップ(G1)11月19日 総力戦

マイルチャンピオンシップ(G1)11月19日 総力戦

(ポイント)4角1桁番手 or 上がり1位、中距離で好走経験ある古馬

マイルCSの近5年の3着以内馬の通過順と
レース上がり(順位)

●2016年
ミッキーアイル   1- 1 35.6(11)
イスラボニータ   6- 5 35.0(5)
ネオリアリズム   2- 2 35.6(11)

●2015年
モーリス      9- 8 33.1(2)
フィエロ      8- 8 33.3(6)
イスラボニータ  12-13 33.0(1)

●2014年
ダノンシャーク  11-10 34.1(1)
フィエロ      7- 6 34.4(7)
グランデッツァ   3- 3 34.8(10)

●2013年
トーセンラー   15-14 33.3(1)
ダイワマッジョーレ 3- 4 34.1(6)
ダノンシャーク   8- 6 34.1(6)

●2012年
サダムパテック   6- 7 34.1(3)
グランプリボス   8- 8 34.0(1)
ドナウブルー    8- 8 34.1(3)

4コーナーを1ケタ番手で回ってきた馬が12頭。2ケタ番手だった3頭はすべて上がり1位。もう1つ、特徴的な部分が2013年をのぞいて、好走馬の上がりタイムにほぼ差がない。ということは、ある程度のポジションにつけられる馬が有利。上記15頭の中で前走4コーナー2ケタ番手で回った馬は4頭で、そのうち3頭がスワンS。また、前走上がり1位は3頭、同2位は2頭ということからも、後方待機で直線勝負にかけるタイプには厳しい。

 今年の大きなポイントは、確固たる逃げ馬⑧マルターズアポジー

●2016年(前半3F 34.4、5F 57.5)
12.3-10.9-11.2-11.7-11.4-11.7-11.6-12.3

●2014年(前半3F 33.7、5F 56.7)
12.0-10.4-11.3-11.6-11.4-11.5-11.3-12.0
「近5年の3着以内馬の通過順とレース上がり」2016年、2014年とも中団より前に付けた馬たちが上がり順位が悪くても残る
2014年は連覇を狙ったトーセンラーが上がり1位を出しながら4着、2016年は前年2着のフィエロが伸びきれなかったように、後方待機組は追走に脚を使わされるので厳い。ペースが速いからといって、差し・追い込み有利になるわけではない!

2016年と2014年に4番人気以下で馬券に絡んだのはネオリアリズム、ダノンシャーク、グランデッツァの3頭。いずれも古馬になってから1800m以上のレースで先行して連対した実績あり、前走でも逃げ・先行の戦法を取った馬。該当するのは③ヤングマンパワー、⑥ダノンメジャー、⑧マルターズアポジー、⑫イスラボニータ

馬場状態が微妙、水分が残ればエアスピネル、乾けばサトノアラジンは警戒

 過去10年注目データ

前走着順]前走から連勝を果たした馬は4頭いる。前走6~9着から巻き返して勝った馬も4頭。馬券の対象になった8頭は前3走以内に勝鞍あり。前5走以内に重賞で3着以内がある点で共通。前走2ケタ着順から馬券圏内に巻き返した馬は1頭もおらず、サトノアラジンにとっては非常に厳しいデータ

[枠順]過去10年で勝ち馬が出ていない枠番は5枠の1つ。この枠は2着も1度しかなく、複勝率が8つの枠で唯一10%に満たない。一方、その1つ内の4枠は2勝、2着5回というラッキー枠。ただし、入った馬の質が高めで、07年のダイワメジャーは勝ったものの、10年ダノンヨーヨー、12年グランプリボスが1番人気で敗れている。
馬番別では「5」と「16」が2勝。複勝率では「8」と「13」が40%をマークしている。馬券絡みがないのは「6」「9」「14」「18」の4つ。

[脚質]4角先頭で押し切った馬は過去10年では昨年のミッキーアイル1頭。4角先頭の馬には厳しいデータが出ているのだが、好位、中団、追い込みがほぼ均等に上位争いをしていて、4角10番手以下から追い込んで勝った馬も3頭いる。直線が平坦の外回りコースで、脚質面の有利不利はない

前走レース別

レース名 成績 勝率 連対率 複勝率
天皇賞(秋) 3-0-1-14 16.7% 16.7% 22.2%
富士S 2-3-1-43 4.1% 10.2% 12.2%
スワンS 1-5-1-35 2.4%  14.3% 16.7%
スプリンターズS 1-1-1-6 11.1% 22.2% 33.3%
京都大賞典 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
安田記念 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
府中牝馬S(G3) 1-0-0-2 33.3% 33.3% 33.3%
毎日王冠 0-1-1-13 0.0% 6.7% 13.3%
サンチャリオットS 0-0-2-1 0.0% 0.0% 66.7%
府中牝馬S(G2) 0-0-1-6 0.0% 0.0% 14.3%
清水S 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%
札幌記念 0-0-1-0 0.0% 0.0% 100.0%

外国人騎手はここ2年必ず3着に入っている。

 ⑫イスラボニータ   C.ルメール
 ③ヤングマンパワー    石橋 脩 
 ④サングレーザー   福永 祐一
 ⑤サトノアラジン      川田 将雅
 ⑥ダノンメジャー    北村 友一
 ⑦レッドァルクス   C.デムーロ
 ⑧マルターズアポジー 武士沢 友治
 ⑪エアスピネル         R.ムーア
 ⑱
ペルシアンナイト  M.デムーロ
この8頭で決まるのか?
過去5年1番人気は1回しか連対していない。
3着内15頭はずべて9番人気以内。連対は
10頭中9頭が4番人気以内残り一頭は8番人気
複勝7番レッドファルクスに300万の買いあり、

 

スポンサーリンク