Heat Beet(ハートビート)ヒップホップとバレイとヴァイオリンの融合

Heat Beet(ハートビート)ヒップホップとバレイとヴァイオリンの融合

  Heat Beetヒップホップとバレエとヴァイオリンの融合ムービー

ソッテシャッセパドシャ
グランジュッテ

これを見て自分の10代、夢見てるころの自分に
戻れたんですよね。これを見ると、あれもやり
たいこれもやりたいっていう気持ちが、心の中
から湧いてくる」

「色んな雑誌で人生相談のコーナーを持って
いて、『何のために生きてるか分からない』
っていう20代、30代がいます。だけど、私には
『何もすることがない』という時間はない。

そういう人たちに、『この映画を見てこの変わ
ろうよ、これを見てなにかひとつがんばろうよ』
って言いたい。モチベーションを変える!
っていう感じになってくれたらいいですよね」

ハートビート[DVD] / 洋画

(多彩なジャンルの)上手いコラボレーション
で、嫌な感じ(違和感)がまったくしない。
なぜなら、出演者がみんな“本物”であるから
なんですね。今回1番気持ちよかったのは、

みんなが本当に踊れるからこそ、筋肉の付き方が
違うこと。俳優が映画のためにダンスを訓練して
もそうはならない。やっぱり体ってウソをつかな
いんです。ダンサーはダンサーの体、特にバレエ
はそれがハッキリ出る。これはすごい作品だなっ
て感じました」

「パーティ会場で小物を使いながらの振り付けは
ダンスが上手くてもなかなかできないですよね。
アイデアもすごくいい。この人たちのフォーメー
ション、手の向きとか完璧。演奏対決も、バイオ
リンの弓がどんどん切れて、クモの糸が散ってい

くみたいになるのがエロティックで大好き。
どれだけこの戦いが激しいのかがすごく伝わる。
それがヒロインへの愛の強さでもあって。

ダンス・シーンとしても、戦い、演奏シーンとして
もいい。ダンス映画の歴史に残るんだろうなと
思います」

スポンサーリンク