日本一簡単なふるさと納税、ネット感覚で買ってお得に節税

日本一簡単なふるさと納税、ネット感覚で買ってお得に節税

 ふるさと納税

みんなが知っているふるさと納税、でもその仕組みが分からない人がほとんどです。まあ自分もそうでしたが、やってみて簡単これほどいいものはありません。

その仕組みを知らない人が多いし、どんなのかわかりにくいと思っているほと方がほとんどんどです

日本国民である限りは住民税と所得税をはらう義務があるし、絶対に払っています。納税額も変わりません。否応なしに給料から天引きされています。

その税金を払っても国から「ありがとう」なんて感謝される訳でもありません。その代わりに自分で納税する自治体を選ぶことが出来きて、その返礼として約3割の返礼品「商品だったり、サービスだったり」その自治体のでちがいがありますが。返礼品をもらえる「これがふるさと納税」

お得ですよね。ただ税金を払うだけよりも。納税しているなら絶対にやるべきです。統計では10人に1人しか今やっていないようで,これはやらないほうが損としか思えません。

したがってこういった形で税金の3割が戻ってきた形になります。しかも確実にですよ。

おそらくこういった仕組みをわかっている人は多いと思いますが、どうやって「ふるさと納税」する手順がわからないし

それをやってみるのも面倒。ふるさと納税のサイトを見てもわからなので、別にいいかと思ってあきらめる人が多いです。

でもしかしですよ、ネットを見ている人は、普段の買い物は、楽天とかアマゾン、KDDIがやっているwommaでネットショッピングをしたことがあるはずです。

その経験があればいとも簡単にできてしまいます。

ふるさと納税?「わかっているがどうも苦手!めんどくさそう」っという思いがあるので踏み切ることが出来ない。このイメージがあるから出来ないのです。

楽天市場やアマゾン、wommaでネットショッピングをしたことがあるなら同がじやり方でできます

ふるさと納税をする手順はネットショッピングをする手順とほとんど一緒です。

それではそれをやっていきましょう。超簡単です

ネットショッピングと同じ流れでできてしますやり方は仕組みを割と頭でわかっている人はいますが、その方法は?

 楽天市場でネットショッピング

この方法でできるのです.ネットショッピングが出来ればふるさと納税が出来ます。

先ずは楽天市場のサイトに行きます。ツールバーにふるさと納税を打ち込むと、色々な商品が出てきます。その中で気に入った商品があれば、それをクリックしてその商品のサイトに行きます。

 

各項目にチックを入れればOKです。

納税額の制限はあります年間200万以上の収入があれば貰えます。このサイトの中にシュミレーションがあります。自分の年間収入における、ふるさと納税額がわかります。

ふるさと本舗

バレンタインチョコとしても使えます。

 

 アマゾンギフト券

がもらえるふるさと納税もあります。還元率は45%です。こうなるとふるさとと、何か関係ないような気もしますが、今年いっぱいで終わりです。ギフト券ならどんなものでも交換できるので、一番ありがたい。

Amazonギフト券返礼品

ふるさと納税最大のチャンスは今年いっぱい限り、でも返礼品は来年も納税すればもらえます。がことしが一番です。もうすぐおわりですよ