ネットフリックス,ドラマ(フォロワーズ)第9(最終話)フォロアー

ネットフリックス,ドラマ(フォロワーズ)第9(最終話)フォロアー

 あらすじ

最終話(エピソード9)の題名はこのドラマと同じ「フォロアー」。東京で紆余曲折を乗り越え、そして戦い続けてきたその先に幸せを見つけたなつめ達。

最後には女性の活躍をとなえる華々しい表彰式「ウーマン・オフ・フューチャー・アワーズ2020」。昨年開催されたこの表彰式「ウーマン・オフ・フューチャー・アワーズ2019」からこのドラマが始まった。

やっぱり、なんだかんだ言っても最後はみんなハッピーエンド、それとも?

 第9(最終話)フォロワーズ

なつめの主演映画「腹切女子高生」はアップロードされたのか?そこにはベッドで横たわるヒラク。そのあとすぐにパソコンの画面が映し出される。

「エラーが出ました。再アップロードしてください」そして「受け付けは終了いたしました。たくさんのお応募ありがとうございました」の文字がむなしく浮かんでいる。

しかしその時なつめは言う「コンテストで賞を取るのは一つの手段、大切なのは今私たちが、ここに居ることをみんなに伝えることが大事なんじゃない」。

それから女帝と言われる長谷川様の仕事が、子供の病気のせいで出来なかったリミ。さっそく謝罪をしにその会社に行く。「それは大変だったでしょう」と慰めの言葉をかけられるリミ。

しかし「キチンと約束を守る人としか、向き合っていくつもりはない」と言う言葉。今後の仕事も打ち切られる形になってしまった。

憂鬱な気持ちのまま迎えの車のところまで行くリミ。スタッフに「歩いて帰ります」と言い(トア)を抱っこして歩いて帰っていく。泣きながら「もう仕事辞めちゃおうか」トアの頭をなでながらつぶやく。


そして人目もはばからず泣く姿がとっても切ない。写真界ではだれもが憧れるリミ、しかしそこには一人の母親の姿があった。子供を抱きかかえて泣いている痩身の母親が。
「ん~~切なすぎる」

あかねの場合

あかねは仲良くなった(博嗣)眞島秀和と一緒に自宅で夕食をしている。その時あかねから仕事を辞めたことを博嗣に言った。「そうですか」とうん、うんと頷き「ようやく気付かれたのですね」と博嗣。

あかねは「仕事では対等の関係だと思っていたのですが、やはり違いました」。そこで博嗣が「やっとわかったのですね、女性は仕事をせずに家庭に入るのが一番」

それを聞いたあかねが「えっ?」すぐに博嗣が「仕事を辞めて僕の妻になるって話ですよね?」一方あかねは「仕事を辞めてsayoと独立する話なんですが?」

お互いに「えっ?」「えっ?」と話がかみ合わない。それからあかねに仕事の電話がかかってきた。その場を少し離れて話をしている途中に博嗣が「電話を切って話を聞いてください」と言って

あかねさん僕と仕事どっちを取るんですか?」「僕と仕事どっちをとるんですか?」っと言いかけた時、あかねが「仕事」。博嗣は「嫌だ」と言ってしがみつくが、

仕事に決まっているでしょう!」の一言で無残にも振られてしまった。sayoと再起をかけたビデオの制作中のあかねにしたら、当たり前に仕事しか今はない。


あかねとsayoの新作はバーチャルキャラクターの「StoA」。sayoがバーチャルアーティストとして再出発することになる。

リミが子供のトアを部屋であやしている時こんなメッセージが飛び込んできた。


その映画を見るリミ。今までにない自分の殻を打ち破った斬新な映画、タイトルは「腹切女子高生」。それを見てリミが(まぶしくて、しっとするな~)をツイート。それを見てローラがさらにリィツイート。

瞬く間にその映画のうわさが広がり、1万再生までに伸びた。ヒラクが「DM送りまっくたのがよかった」と言い、そして「このままタランティーノまでとどけ~~」

それを聞いたなつめが「ん?ん?」と何かひらめいた様子。それから「ねえ、ねえノリ君。確か英語を話せたよねっ」と言って「ムフフ」と笑う。ヒラクが「まさか?まじ」

そう、それはタランティーノまで届いたとき、通訳してもらおう思っている。

エリコの場合

 

エリコがみんな注目と言って封筒の中身を見せる。その中身は婚姻届。季生にサインしてみんなで一緒に出しに行こうと言って、それをテーブルに置いた。


しかし季生はその用紙を取ってビリビリと破いてしまった。「こんな紙切れに縛られることない」と言い、「一生エリコのそばにいたいだけ」だと。それを聞いて喜ぶエリコ。

年の差婚は果してどうなっていくのでしょうか?

それからどこかでタラティーノが浅草にいる情報を聞き当てたなつめ達。タランティーノを見つけ近くに行こうとするが、ボディガードがいて近くに行くことができない。


その時ヒラクが携帯を出し自撮りをするよう上から構えた。そのすきになつめがタランティーノ近づく。さらしに血痕の跡「腹切女子高生」の格好で駆け寄っていく。

確かにタランティーノにCDを渡した。

しばらくしてなつめの携帯に英語のメッセージが届く。それをノリ君に訳してもらうと、なんとタランティーノから映画のオーディションのお誘い。

それを喜ぶなつめと仲間たち。「待ってろよ~~ハリウッド」とさけぶなつめ。

 ウーマン・オフ・フューチャー・アワーズ2020

年度を代表する活躍した女性の授賞式。それぞれ活躍した代表にはsayoそしてサニーがその中に選ばれた。リミがステージに立って話す言葉が感動的です。

いつも怒りに満ち、傷ついても前に進む。若さに満ち、痛々しくもその美しい姿から、そんなパワーを受け取りました。

「あなたの一番のフォロアーはあなたです。」

このドラマの最後は、リミが待っている屋上での写真撮影。東京タワーをバックに撮影するその姿が美しい。

これぞモデル「百田なつめ!いや、池田イライザ!!」

パフュームのこの曲「TOKYO GIRL」とともに。それにしても「東京タラレバ娘」主題歌「TOKYO GIRL」

をここで使うんかいと思ったのですが。

でも、東京タワーをバックで撮影する最後のシーンは、フォロアーズのほうがこの曲で聴く方が絶対良いです。
 
こんな感じです。

 

いかがでしたでしょうか?フォロアーズは、かなり面白い作品だと言えます。

 

Netflix

Netflix
開発元:Netflix, Inc.
無料
posted withアプリーチ