ネットフリックス,ドラマ(フォロワーズ)第3話(探す)リミがなつめがサニーが

ネットフリックス,ドラマ(フォロワーズ)第3話(探す)リミがなつめがサニーが

 あらすじ

初めてモデルの仕事に戸惑うなつめ。「普通にして自分の感情を出すだけ」と言われて、それからリラックスして撮影にも慣れ順調にモデル業をこなしていく。

しばらくして、以前会ったことのある変なユーチューバー(ヒラク)に会い行くことにした。会った二人は意見があい急速に接近。ともに時間を過ごすことが多くなり、そして・・・

一方リミの妊活は苦戦続き、妊活するには男性が限られてくる。元彼の事が気になり検索すると今は既婚。今度はファッションをばっちり決め、戦闘準備万端で妊活へ。

一人、二人、三人それから数えて何人目で妊活成功するのか?

また、母親業と仕事をバリバリこなすエリコ(夏木マリ)はイベント会場で会った、年下の筋肉もりもりの男の子に夢中。それはアシ専だからと言う、そのアシ専とは?

自宅で絵を描くサニー。描いている途中でなつめから連絡が入る。楽しそうな様子はカワイイモンスターカフェから。胸騒ぎ?そこに行ってその中で見たものは?

 第3話SEARCH(検索)

このsearch (検索)のタイトルの意味がよくわからない。何回観てもよくわからないです。が検索(調べる)と言う意味ではなく、誰かを探す、何かを探すという意味にとらえると理解できたと思います。

今日初めてモデルの仕事をするなつめ。編集長とカメラマンを紹介してもらい、メイクルームに入る。初めてのモデル仕事に戸惑いがあり、どうしたらいいかわからない。

しかし「普通にして自分の感情を出すだけ、なっちゃんの内側を出してくれるだけでいいの」と言われ、スカウトされたマネージャーに肩をつかまれ「リラックス、リラックス」と言いながら揺さぶられるなつめ。

ぶ~ん、ぶ~んとこんな感じで何回も揺さぶられる。


これでリラックスしたのか自然と撮影に入る。カメラマンの「いいね~、かわいいね、最高」の言葉にやる気が出ている感じ。そして「なっちゃん今度は真ん中に立って」と言われて、ますますノッテいくなつめ

撮影を終えてなつめの撮影評価は上々。編集長が考えていた次の企画でなつめを使うみたい。しかしその場のテーブルにいた赤いポロシャツに、シースルーのキャミを重ね着したモデルが気になる。

なんか企んでいるような気がする。それは「次の企画でなつめを使う」と言う言葉に敏感に反応し、聞き逃さなかったのだ。入ったばかりのなつめに嫉妬しているようだ。

ここでのsearch (検索)は撮影において、(素直な自分になりそして、自然と内面を出せれた自分の発見)だと思います。アナタもそう思うでしょうか?

 リミのsearch (検索)

これは妊活の相手一択。もうこれ以上待てない妊活。探す相手はだんだん限られてくる。素敵な男性はほとんど結婚しているので(残るのはゲイ?しかいない)と言うゆる子の言葉に焦っている。
 
今回は渾身のファッションに身を包みいざ出陣。最初にあったユウスケには中に出してほしい、また別の男性にはちょっとだけならいいじゃない?。結婚はしなくていいの!!

はたまた素材だけいただければいいの!とか言って妊活を切り出すリミ。(責任は求めてないから、全然もとめてないから)と言って迫るが相手にしてもらえない。

どの男性にも全く相手にしてもらえないリミ。最後は元カレ・ナオ、(大森南朋)。バーのソファに座って最初は乾杯。そばによってお願いがあるのと言い寄る。そのお願いに「イエスかノーかで答えて」ともちかける。

基本お願いに対して全てイエスのナオ。うれしいと言って耳元で(子供が欲しいの)。え~~~と驚くナオ。追い打ちをかけてそばにより、掛けていたメガネをはずして言った言葉が(ナオ君のこどもがほしいの)。
 
これにはナオも抑えきれず、リミを押し倒す。リミも興奮気味に(ウフ~)とか声を漏らしそれから・・・
そのあとカウンターで見たのは(ったくもう~情けない、ナオ君あんたはなんのよ~)と思いながらグラスを持つミリ。

そして目の前のソファーでいびきをかいて寝ているナオ。あちゃ~~、飲みすぎで出来なかった役立たずのナオ?

 目の前を(SEARCH)検索


大き目のソファーに横たわり、昨日のリミの妊活話で盛り上がる4人。全員撃沈!!、「そうよ、そうなのよ~ユウジもヨンスもアンドリュー、・・・それからナオも」。

 
それを聞いて「あんたいったい何人いてるのよ」と突っ込まれるリミ。「認知しなくていいし、同居しなくていい。養育費もいらない、面倒見てとも言わないのに~」
 
と、どこがいけないのかわからないリミ。「こんなゴージャスな女の前で、男は萎えるものなのよね~」とエリコが言う。横では(縮み、ちじみ)とあかねが茶化すように言っている。
 
ただ、この妊活作戦は男には荷が重かったようだ。しかしこの4人の中に一人だけ男?(ゆる子)がいる。このゴージャスな女と対等に、いやそれ以上に対応ができるゆる子。
 
それを気づいたあかねが、(あ~~、いるじゃん精子、精子)。それからゆる子を取り押さえ・・・
 
実際問題このような状況になったとき、自分はできるか考えてみた。条件は全く同じでリスクは全然なしの状況。(ん~~~)人助けと考えるのもいいかもしれない。でも倫理的にやっぱ無理かも!あなたならどうしますか?

 エリコsearch (検索)

エリコには今夢中になっている年下の男の子がいる。パーティー会場で運命的に出会ったジムトレーナーの季生(すえお)それに一人息子の類(るい)も入ると思います。
 
行きつけの店で季生の洋服の買い物。そこには何故だかリミがいた。季生の姿を見てリミが「ナチュラルボーン,ヒモ」。それに対してエリコが私は「アシ専だから」
 
「え、芦田愛菜パイセン?」と聞き返すと「アシスタント専門」。それはスポットライトを浴びたヒーローみたいな男には全く興味がない。
 
普段は周りのみんなに(ヨイショ)されっぱなし、それに対して季生は世間の荒波にもまれていない生意気な20代。しかも上から目線で言うところにぞくっとするらしい。
 
それにお前とか言われ、雑に扱われるのが最高とも言う。(ドMか?エリコは)と考えてしまいます。そうこうしているうちに色々な服を買ってあげるエリコ。
 
店員に出されたお会計金額が何と4.150.000円?!「お安いのねっ」と出すブラックのクレジットカード。そう、それは地球上では買えないものはないと言われるダイナースカード。
 
翌朝、息子の類をリビングで待つエリコ。出勤前に必ずする一つの儀式?があるみたいです。それは類を抱きしめて英気を養う充電タイム
 
類、来てと両手を広げて(充電タイム、充電タイム)と言って待っているエリコ。それに対して類が一言「ウザ」と言うが蛇に睨まれた蛙のごとく、身動きが取れない。
 
 

そうして吸い込まれるようにしてエリコのもとへ。このエリコ現代版吸血鬼か?と思ってしまうのですが。血こそ吸わないが、ジムトレーナー季生と息子の英気を吸い尽くす吸血鬼。

でも命を懸ける相手(季生と息子)が、この世に二人もいることの幸せを今感じているようです。

 サニーとなつめsearch(検索


駄菓子屋ひよこでくつろいでいる3人。前を見るとユーチューバーが撮影をしている。それを見てなつめがこの間会った変なユーチューバー(ヒラク)の事を話す。
 
「コツコツ真面目に働いている人が報われない社会だとか、売れない女優は搾取されるだけの存在だとか」言うユーチューバー。そのヒラクの動画を見せた瞬間、二人ともびっくり。
 
「なっち知らないの」と言ってサニーとノリが踊りだす。それを見てなつめも天才子役ヒラク少年だと思いだした。「金銭トラブルでテレビ局と親が対立しその板挟みとなり、苦労した少年と思うよ」とサニーが言う。
 
 
それを聞いてヒラクに会いに行くことしたなつめ。最初は初めて会った電柱の格好をした駅の近く、それから二人で行った公園。しかしそこにヒラクがいるわけはない。
 
何とかしてツイッターでヒラクを見つけ、連絡を取り合って会うことにした。初めて会った時はお互い何も知らないのに、悪く言ったことを謝るなつめ。ヒラクも同じ考えをしていて「俺も悪い」と素直に謝る。
 

その一言で二人は打ち解けた。街中を歩くさまはもうほとんど恋人のような感じがしている。それから「明日暇?」とヒラクが尋ね、どこかに一緒に行く約束をする。そしてそこはカワイイモンスターカフェ

そこでショーを見たり、ツイストタイムの時間があり、踊ってみたりして楽しい時間を過ごす二人。

 
一方サニーは夜桜を見ながら落ち込んでいるなつめを慰めたこと。その夜なつめを泊めたが何もしなかったことを思いだして絵を描く。その時、携帯になつめから連絡が入る。
 

カワイイモンスターカフェでショーを楽しんでいるところ。そこにはもちろんヒラクは映っていない。それからしばらく絵をかいていたが、それを止めてなつめが待っている?モンスターカフェへ向かう。

 
「ようこそモンスターカフェへ」とかわいらしいスタッフに迎えられ、先に進むサニー。ふと横を見るとなつめの姿が、それを追いかけるように奥に進む。
 
小走りに駆け寄ってそこで見たのは、絶対見たくはなかった、見るべきではなかった、ヒラクとキスをしているなつめ。もうその場には。すぐにその場を後にして走っていくサニー。
 
信号が赤になっているのも気づかず、その場に倒れ込む。車の急ブレーキ、そしてクラクション。それ自体どうでもいい感じ。そしてやっとの思いで立ち上がり、部屋へ戻り横たわった。
 
そして見つめる先はさっきまで描いていたなつめとの二人の絵。それを見ながら泣くしかなかった。そう泣くしかなかった。自分は同性愛者、一方通行の恋愛。
 
カフェでいる二人の生々しい濃厚なキスシーンが続きます。そのキスシーンで一つ気になったことがあります。それは、なつめのほうが積極的にキスをして、それもヒラクの鼻にチョンとキスをしたところ

鼻や鼻の頭にキスをするのは、その相手を大切にしたいと強く思っているからこのキスは、恋人やパートナーの事を自分のそばにおいて、大切にしたいという気持ちが現れています。

なつめ(池田エライザ)は考えてみたらハーフ。このキスも当たり前かもしれません。

そしてそれから自宅に戻ってベッドシーンへ。そのシーンを見たいのならネットフリックスへ。これを読んで大体、おおよそは分かった。別にネットフリックスなんてという方は次回をお楽しみに!!
 
でも少しだけそのキスシーンを
 
 
次回:第4話 flaming(炎上)って、もしかしてどこかで火事?そんなあほな!!
 

最後のシーンで流れていた曲は、第2話でも流れていたチボ&マットの

Spoon。ヒラクとなつめのキスシーンの時に流れていました。

出演

リミの元カレの写真家・望月民生(浅野忠信)

田嶌エリコ(夏木マリ) 群青あかね(板谷由夏)

サニー(コムアイ)

サニーのバイト仲間・ノリ(ゆうたろう)

ユーチューバー 野間ヒラク(上杉柊平)

ゆる子(金子ノブアキ)

リミの元カレ・エノン

川谷絵音

MIYAVII、

リミの元カレ・ナオ、(大森南朋)

リミの友人・イサム(中村獅童)

沢尻エリカ

Netflix

Netflix
開発元:Netflix, Inc.
無料
posted withアプリーチ

ここで気になるドラマで使われいた商品。なつめがいつも乗っている自転車。


軽量アルミフレームの「エスケープRX」シリーズ


その時にはいていたバンズのハイカットスニーカー