JCBダートの祭典レディスクラシック、スプリント、クラシックに注目

JCBダートの祭典レディスクラシック、スプリント、クラシックに注目
スポンサーリンク

 JCBダートの祭典レディスクラシック、ホワイトフーガ連覇なるか!?

所属別成績】

過去6年、勝ち馬全てがJRA所属馬。地方所属馬の馬券絡みは12年2着のクラーベセクレタ(船橋)と同年3着のサクラサクラサクラ(北海道)、昨年3着のトーセンセラヴィ(浦和)の3頭。主力はやはりJRA勢となっている。

【人気別成績】

1番人気<3-2-1-0> 2番人気<2-1-0-3> 3番人気<0-1-2-3>
3番人気以下で勝ったのは15年4番人気だったホワイトフーガ1頭。6番人気以下は3度の3着が最高で連対はゼロ。上位人気馬の信頼度は高い。

【年齢別成績】

過去6年で5歳馬3勝、4歳馬が2勝、3歳馬が1勝。6歳馬は2度の2着が最高で、7差以上の馬券絡みはない。

【前走別成績】

過去6年、勝ち馬全ての前走がレディスプレリュードで、3着以内に入った18頭のうち11頭がレディスプレリュードでも3着以内。レディスプレリュード好走馬はまずチェックが必要。

【リピーター】

過去6回という短い歴史の中でホワイトフーガとミラクルレジェンドが連覇を達成。サンビスタ、トロワボヌールが2度馬券に絡んでいる。今年は何といっても3連覇がかかるホワイトフーガの走りが注目となる。

【馬体重】

一般的に中央よりもタフといわれる地方での開催で、500キロ以上の馬格がある馬が3勝。該当馬が6年でわずか12頭しかいないのにもかかわらず、2着馬も2頭、3着馬も1頭出ている。馬体重はしっかりとチェックしておきたい。

【枠番・馬番】

「1〜8番」と「9〜16番」の大きく2つに分けてみると、「1〜8番」に入った馬の方が勝率、連対率、複勝率いずれも優勢。2枠に入った馬は4頭が馬券絡みを果たしている。外めの馬でも8枠は3頭が馬券に絡んでいる。内めでも1枠は馬券絡み1頭のみ。スムーズに運べる枠に入るのも好走のカギとなっている。

枠順に有利不利はなし、勝ち馬4番人気いない。1番人気は連がらみだが1着なし
大井競馬においては馬単1,3,7→5。5→1,3,5か

 JCBダートの祭典スプリント

【所属別成績】

過去6年、勝ち馬全てがJRA所属馬。地方所属馬の馬券絡みは12年2着のクラーベセクレタ(船橋)と同年3着のサクラサクラサクラ(北海道)、昨年3着のトーセンセラヴィ(浦和)の3頭。主力はやはりJRA勢となっている。

【人気別成績】

1番人気<3-2-1-0> 2番人気<2-1-0-3> 3番人気<0-1-2-3>
3番人気以下で勝ったのは15年4番人気だったホワイトフーガ1頭。6番人気以下は3度の3着が最高で連対はゼロ。上位人気馬の信頼度は高い。

【年齢別成績】

過去6年で5歳馬3勝、4歳馬が2勝、3歳馬が1勝。6歳馬は2度の2着が最高で、7差以上の馬券絡みはない。

【前走別成績】

過去6年、勝ち馬全ての前走がレディスプレリュードで、3着以内に入った18頭のうち11頭がレディスプレリュードでも3着以内。レディスプレリュード好走馬はまずチェックが必要。

【リピーター】

過去6回という短い歴史の中でホワイトフーガとミラクルレジェンドが連覇を達成。サンビスタ、トロワボヌールが2度馬券に絡んでいる。今年は何といっても3連覇がかかるホワイトフーガの走りが注目となる。

【馬体重】

一般的に中央よりもタフといわれる地方での開催で、500キロ以上の馬格がある馬が3勝。該当馬が6年でわずか12頭しかいないのにもかかわらず、2着馬も2頭、3着馬も1頭出ている。馬体重はしっかりとチェックしておきたい。

【枠番・馬番】

「1〜8番」と「9〜16番」の大きく2つに分けてみると、「1〜8番」に入った馬の方が勝率、連対率、複勝率いずれも優勢。2枠に入った馬は4頭が馬券絡みを果たしている。外めの馬でも8枠は3頭が馬券に絡んでいる。内めでも1枠は馬券絡み1頭のみ。スムーズに運べる枠に入るのも好走のカギとなっている
おお外不利、あとコーリンベリーはいらない。

 JCBダートの祭典クラシック

【所属別成績】

過去10年、というより、第1回から勝ち馬は全てJRA所属の関西馬。過去10年ではヴァーミリアンが3連覇、スマートファルコン、コパノリッキーが2連覇を果たし、それ以前にもアドマイヤドンが3連覇、タイムパラドックスも2連覇を果たしており、チャンピオンホースがその力をまざまざと見せつけている。地方所属馬の連絡みは7年と10年に2着となったフリオーソの2回だけ。圧倒的にJRA勢が強い。

【人気別成績】

1番人気<4-2-2-2> 2番人気<2-4-1-3> 3番人気<2-3-2-3>
1番人気は4勝、2着2回。2番人気が2勝、2着4回。6番人気以下で馬券に絡んだのは3着が2回と、ほぼ上位人気で決着している。人気が総崩れというシーンはまず考えられず、穴党にとっては厳しいレースかもしれない。

【年齢別成績】

連覇が多いことから、勝ち馬は幅広い年齢から出ていて、過去10年で最も多いのは6歳馬の4勝。以下、5歳馬3勝、4歳馬2勝、7歳馬1勝で、7歳以上はアベレージがガクンと下がる。連覇の数が物語るように、前年の勝ち馬が非常に強く、7歳を迎えた昨年の覇者・アウォーディーの走りは注目だ。

【前走別成績】

主要ローテーションは日本テレビ盃、南部杯、帝王賞などで、特に日本テレビ盃組は4勝、2着5回と好走率が高い。絶対能力がモノをいうレースで、間隔が少し開いていても地力のある馬は結果を残している。また、前走を問わず、同年の帝王賞に出走した馬の着順もキーポイントで、帝王賞で5着以下に敗れている馬は10年の勝ち馬スマートファルコン以外、全て4着以下に敗れている。

【リピーター】

所属別成績でも触れたように、16回の歴史で連覇を果たした馬が5頭いて、うち2頭が3連覇。開催場が持ち回りというからも、まさにダート路線の王道にふさわしい歴史を刻んでいる。また、ジョッキーでは武豊騎手が過去10年で9回騎乗して7勝。2〜3着が各1回と、JBCクラシックの歴史は武豊騎手とともにあるといっても過言ではないくらい相性がいい。

【馬体重】

ダートの王道路線は馬格のある馬が強く、過去10年で勝ち馬9頭が500キロ以上。唯一500キロを切った10年のスマートファルコンも499キロで、まずは馬格のある馬をピックアップしたい。2着以下を含めても500キロ以上が<9-6-4-43>に対し、500キロ未満は<1-4-6-63>と大きく信頼度が下がる。

【枠番・馬番】

枠番別では5枠より外の馬が7勝を挙げ、8枠の馬が3勝。複勝率で見ると1枠と3枠の馬が高い。馬番別では「9」「15」が2勝。「1」は<1-2-1-6>と馬番別では最多となる4度の馬券絡みがある。

ここも武騎手中心で複勝率5年間で100% ドバイワールドカップ→帝王賞から
ホッコータルマエが3着この時6歳 アウオーディ7歳が気になるので2,3着付の
あと人気馬5番人気以内で勝負か

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。