あなたのことはそれほど7話 麗華の演技が怖すぎ?!陰湿?!

あなたのことはそれほど7話 麗華の演技が怖すぎ?!陰湿?!

 麗華の演技が怖すぎ!ショコタンの演技も? 

光輝に本当の気持を聞き出す美都。光輝は「失敗した、怖い、道間違えた、亜湖ちゃん可愛い~い、とか。もう元には戻れないことみたいな返事をする。美都がやり直せるのなら、「もし2人が再開した所からやり直せるとしたら」と返事を迫る。また、「中学の時の私の部屋からやり直せるとしたら」と聞くのだが。もう返事はしてくれない。光輝顔を見ながら美都は、「最後に」ともう覚悟を決め、この人とはもう完全に終わったのだと確信し、口づけをる。

 光輝との関係が終わって

なんか本当に光輝との関係が終わって違う展開になっていくのでしょうか?意を決した美都の口づけ、これで二人の関係は終わってあれほど好きだった光輝を諦めてしまうのか?確信に迫る演技だと思います。尻軽女、うざいと言う意見が世間では多いですが、応援します。その後亮太の待つ家に帰りたくない美都は、母のスナックの手伝いをするこのに。そうこうしているうちに、美都を連れ戻そうとする亮太にみつかる。一緒に帰りたい亮太に対して、帰りたくない美都はついに「離婚」の言葉出してしまう。一方実家から戻った麗華は、[夫に一日だけデートをしたい]といったにも関わらずドタキャンされた皆美と出くわす。会話の中で美都の事をを詮索されて強気で言い返すが、麗華の心にも何かひかかっていた。そんな麗華自身もわがままを言うとしたら何?、「夫婦でデートがしたい」、と言われ、
デートした時、麗華は浮気をしていた自分の父親の話をしだし、「明るい家庭を築けるとは思っていなかった」「亜胡がいて幸せ」「亜胡を私にくれて本当にありがとう」などと有島への感謝の言葉を重ねる。その麗華の笑顔を見て良心を痛めた有島は、自分がした事を思い出し、[馬鹿なことをしてしまった]と、反省するのだった。そして

スポンサーリンク