今年最後のビッグセール CyberMonday(サイバーマンデー)

Britain’s Got Talent 史上最も感動的なATTRACTIONのSHADOWTHEATER(シャドーシアター)涙が止まらない

[su_row][su_column size=”1/2″ center=”no” class=””][/su_column] [su_column size=”1/2″ center=”no” class=””][サイモン・コーウェル]は音楽プロデューサー。オーディション番組『ポップ・アイドル』『アメリカン・アイドル』『 X Factor』などの審査員でよく知られています。出場者を酷評することで有名。他の番組は『America’s Got Talent』などあり。[/su_column][/su_row]

 シャドーシアターに涙が止まらない

Britain’s Got Talent


アマンダ・ホールデン、 サイモン・コーウェル、デッヴィッド・ウォリアムス。アリーシャ・ディクソン4人の審査で、時々審査員が登場する出演者との掛け合いや、演技の評価などの面白いやり取りをして楽しませてくれます。

出演者はアマ、プロ関係なく殆どが歌中心のタレントが多い中、この番組の演出者はアクロバット、マジック、演劇などが多く、結構人気で本格的にやっている人たちが参加しています。

今回は特に感動極まりないシャドーシアターグループ、ハンガリーのアトラクション。内容は一組の男女が結婚して子供が生まれた後に、夫が国外の戦争にいくのですが、結局夫は元の姿では戻れなかった。そして生まれた子供と墓地に行くと言う内容のシャドーです。

見せる演技が素晴らしいし、涙が止まらないと思います。次々来り広げらる演技、テンポが早く、そしてその演出も踊りも素晴らしい。表現力が最高、今まで見たこと無いと審査員が言ってるぐらい素晴らしい感動の一言。ハンパ無い再生回数の3500万再生。曲はエミリー・サンデー / リード・オール・アバウト・イット(パートIII)

アンビリーバブル、アメイジングの言葉がぴったり。勿論「absolutely」(アブソルートリー)「incredible」(インクレディブル)といった最上級に値する言葉の連発です。全く持ってこの演技を知らないのは可哀想と思います。

ねえ、姫も涙するでしょ

  Semi final の演技は 何度涙を誘うのか?

アトラクションのセミファイナルシーンです。アマンダはもちろんの事、アリーシャまでが涙するアトラクションのセミファイナル感動シャドーシアター、どれだけ涙を誘うのか。

内容は子供が大きくなり、大学を卒業してそして恋人ができて楽しい時を過ごしている時に母の容態が悪化し、天国に召されるシーン。そして新たな生命が感動のシャドーアトラクション。

「Leona Lewis – Footprints In The Sand」 

曲と共にアトラクションのすばらしいシャドーシアターです。シャドーだけでこれほど感動的に表現できるなんて素晴らしすぎる。
あのサイモンさえも泣いていたみたいで、めったに泣くことはないのですが。審査員、会場の視聴者さえも全員感動でハンカチが外せません。

「Never seen it before」と言っています。最近感動した出来事はありますか?このような感動出来ることをお伝えできればと思います。

レオナ・ルイス

2006年『X-factor』の優勝者で、第二のマライア・キャリーと言われる歌声の持ち主。マライアよりも、もっと甘い感じの高音が出る歌手。とっても優しく歌う声の歌手レオナ・ルイスご存知でしょうか?もしレオナ・ルイスに興味を持ったなら

その中でもヒット曲は、なんといっても(RUN)1番おススメです。聴くだけで涙がこれも止まらない良い歌。どこまでも伸びる高音、そしてとっても甘く、語りかけてくるように歌う歌声が、たまりません。アトラクションでも涙が足りないのなら、runで涙しませんか?

見逃せないアメリカンゴットタレント、ファイナリスト

ソフィー・ドッシー
どれだけ体が柔らかい?