アリシア・キーズの新曲(タイムマシーン)とお勧めの曲はこれ!!

アリシア・キーズの新曲(タイムマシーン)とお勧めの曲はこれ!!

 アリシア・キーズ(Alicia Keys)

誰もが知っていると思う歌手アリシア・キーズ。グラミー賞で高い評価を受けてきたことが背景にあり、昨年に続き今年2020年もグラミー賞の司会を務める。

これがきっかけで最近けっこう話題になっていると思いませんか?結婚してから仕事もセーブ気味でしたので、グラミー賞の司会を連続でしたアーティストとしては、かなり目立つ話題です。

2年連続で司会が出来るということは大変珍しく、1回すればもうないと思っていたそうです。それに女性で司会を任されたのも数人しかいません。また化粧をしないスッピン発言で話題をさらったことでも有名。

全く化粧をしないわけではなく、彼女は「メイクに反対しているんじゃない。心が感じるままに自分らしく生きよう」と語っています。


 

1981年1月25日生まれ、アメリカ、ニューヨーク出身の女性シンガー、No One「ノー・ワン」Empire State of Mind「エンパイア・ステイト・オブ・マインド」などヒット曲を世に送り出す。

7歳からピアノを始め、ベートーヴェン、モーツァルトといった定番クラシックから、ジャズまで幅広く弾きこなす。グラミー賞15冠&アルバム・セールスは4,000万枚を誇る偉大な歌手。

そんなアリシア・キーズの名曲やヒット曲そして新曲は

 ニューシングル(Time Machine

お気に入りの曲タイムマシーンは心に響く曲。

No, we can’t rewind, life ain’t no time machine
やり直すことはできない、タイムマシーンじゃないから

タイムマシーンの曲を振り付け、振付師はカイル・ハナガミ。「ミレニアム・ダンス・コンプレックス」のダンススタジオにアリシア・キーが訪れた時のダンス。

曲を聴くだけではなんか物足りないので、このようなMVを観ながら聴くことが多い。観ながらいろいろ想像してみるのもいいですよ!想像というか妄想に近いかも知れません。

そしてその妄想が止まりません。

 Underdog

[Underdog]の意味は、直訳では負け犬、敗北者になりますが、ここの歌詞では「弱者、社会的地位の低い人といった勝つことが困難な人達」と考えられます。

アリシアが育ったのがニューヨークのヘルズ・キッチン(Hell’s Kitchen)と呼ばれる地域。シアターが多いブロードウェーの西側で、長いあいだ開発されなかったマンハッタンの中でも治安が悪い地域。

ここで育ち生活をしていたので、この現状を目の当たりに見る事によってできた歌と思われます。他にもスーパーウーマンやEmpire State of Mindなど、現状を打開し上を目指そうとする勇気をもらえる歌が多い。

 No One「ノー・ワン」

初めて聴いたのがこの曲ノーワン。愛する女性の気持ちを歌ったバラードで、感情を揺さぶるそのヴォーカルに胸を打たれます。それにとってもきれいでため息ものです。

 Empire State of Mind 

ラッパーのJAY-Z「ジェイ・Z」を迎えて制作された楽曲。ニューヨーク出身の2人が愛する地元ニューヨーク。歌詞の中にある「New York, concrete jungle where dreams are made of」

「ニューヨークは、夢が生まれるコンクリートのジャングル」。まくさしくこれが「ニューヨーク」の歌だと思います。誰もが憧れるニューヨーク、一度は行きたいと思っている都市。

そんな気持ちにさせてくれるこの歌Empire State of Mind」タイムズ・スクエアーで行われたライブはまさに圧巻です。

 

 

皆さんはニューヨークに行ったことがあるでしょうか?私はあります数年前に仕事で、それも同じこの時期の極寒のニューヨーク。寒い、痛いの一言。

デモ想像していた以上の大人の街っていう感じでした。昼間は子供がいない?それは学校へ行っているのですが、待ちゆく人がカッコイイ、街並みも同じく。

行くならこれからの春がいいと思います。桜が見れるニューヨークがいいです。

ニューヨークへ行くならここです格安チケット&ホテル。

ニューヨーク

2020年03月20日発売: 3年半振りとなる通算7作目のオリジナル・アルバム『アリシア