ワールドオブダンス2019(シーズン3)のチャンピオンが決定!それに?

ワールドオブダンス2019(シーズン3)のチャンピオンが決定!それに?

 シーズン3ファイナル

シーズン3ファイナルステージ。今夜のステージでワールドオブダンス(シーズン3)のチャンピオンが決定します。今までに見たことない規格外のダンスやバレリーナのダンス、そして新しいシステムRedemptions「救済」などもあり、かなり面白いダンス大会でした。

そしてこのファイナルにも新しいシステム?が追加されました。本来なら各ダンサーの出演枠からは1組しか、このファイナルには出場できないのですが、何やら「ワイルドカード」と言うものが加わり、アッパーチームからUnity LA(ユニティ・LA)がこのファイナルステージに進むことになりました。

その「ワイルドカード」はなに?多分大リーグで使われいる特別出場枠みたいなもで、それを投票でDivisional Finals(部門別決勝)のダンサーの中から選ばれたようです。


ファイナルステージで競うダンサーは5組

ジュニア:Ellie & Ava


ジュニアチーム:VPeepz

アッパー:Briar Nolet

アッパーチーム:The Kings

アッパーチーム:Unity LA (ワイルドカード)

Opening Act
 
ファイナルステージが始まる前に行われたダンスシーン。このファイナルを盛り上げるために、ファイナリストのダンサーによるオープニングアクトです。これも今までになかった演出でファイナルステージを盛り上げます。
 

前回のチャンピオン「THE LOB」によるオープニングアクトは、成長した「THE LOB」のパフォーマンス。
気になる「THE LOB」のチャンピオン決定

ジャッジの「ニーヨ」も歌で盛り上げてくれます。さすがシンガー「ニーヨ」中々お上手?”Do You” and “Closerの2曲を歌います。

そしてシーズン2のケイシー&ショーン、シーズン1のイアン・イーストウッドがダンスでその歌をサポート。これも見逃せません。



そしてファイナルステージの幕開けです。ダンスの審査は2回行われ、ステージの得点の合計した平均が、最も高かったダンサーが優勝。そして賞金1億円を手にします。果たしでどのダンサーが栄光をつかむのでしょうか?

でも今回は1回のステージによる審査で決定したと、進行役のスコット・エバンスが言っていました。(ん~~)どうしてなの?

でも、OK!!じゃ最初に登場するダンサーは

 Ellie & Ava(エリー&アヴァ)

素晴らしい姉妹のコンテンポラリーダンス。表現力がなんとも言えないコンテンポラリー、やっぱりこのダンススタイルが一番好きかもしれません。

しなやかに、艶やかにそして優雅なダンス。時には力強く時には優しいが、それでいて高貴な振舞い。そんなダンスがコンテンポラリー。それにこのコンテンポラリーダンスに使う曲もエモーショナルな曲が多く、見ていて涙がこぼれ落ちそうに。

ブレイクダンスのハローバック?もいとも簡単にやってしまうEllie & Ava。
knocking on heaven’s door(天国への扉)の曲が示す場所に一番近いかもしれません。あなたもそう思うでしょうか?

 VPeepz(ヴィピープス)

ジュニアチームでは、やはり群を抜いたダンスパフォーマンスのヴィピープス。チャンピオンの称号をもって母国に凱旋できるのか?ハイレベルなダンスは前回優勝者のTHE LOBと比べても引けを取りません。

シンメトリー体系から出す数々のフォーメンションダンスは、まったくもって言うこと無し。スピード感もあり、小道具のドラム缶をうまく使ったノリノリのダンス。小粋なダンスをする彼らを応援したくなります。

大好きな、マックルモア&ライアン・ルイスの曲「Can’t Hold Us (feat. Ray Dalton)」もそのスピード感を引き出しています。ジャッジも好きなジュニアチームは今回も優勝候補?

 Briar Nolet(ブライヤー・ノレット)

ステージ端に設けられた高さ約2メートルのバーに、体を横たえているブライヤー。そこにはごう音轟くステージが待っている。バーから降り立ちそしてステージの中央へ。

そこで(ギャ~)と渾身の叫び。そこからうっぷんを晴らすかのようなダンスが続いていきます。渾身のありったけの力を振り絞って。

失うものは何もない!!戦うソリストのコンテンポラリーダンス。これでもかっと言うくらい、激しく踊るその姿が胸を熱くします。まさにそのごう音させ飲み込んでしまうダンスは圧巻です。

ジャッジのニーヨもスーパーヒーローと思わず叫んだダンス。Redemptions (敗者復活)から不死鳥のごとく甦ったブライヤー。アスリートでありそしてアーティストでもある彼女に、あなたも「toxic 」中毒?

 Unity LA(ユニティー・LA)

ワイルドカード投票?でこのステージに。部門別ファイナルのスコアーは98.7と高く、ほかの部門と比べても問題なく1位の得点。これが評価されて「ワイルドカード投票」なるものが出来たのかもしれません。

まさにプロ集団が躍るダンス、踊っている誰しもが自身に満ち溢れたダンスは玄人受け?もちろんジャッジの評価も最大級です。1人のダンサーがするバックフリップ、その高さはまるで体操選手か?と思わされるぐらい高い。

「まるでこのステージは(METミュージアム)のように美しく、それと同じようにダンスも美しい」と。ジャッジのだれもが絶賛する納得のステージ。

 The Kings

驚くべき身体能力とアクロバットの数々、このダンスこそが規格外ダンスといっても過言ではありません。しかしこんなダンス?をされると判定基準がどこにあるのか解らないと思います。

でもこのダンス大会に出る条件としては、「参加資格は年齢制限なし、どんなスタイルでもOK」とあるように、このダンススタイルもありなんでしょうね。

アクション映画に出てくるようなシーンのダンス。それは今から戦いに出るある種族が行う儀式のようなワンシーンから始まります。とっても迫力あるダンスシーン?に注目!!

「覚えておけ、容赦はしない」と言ってすかさず槍を持ち、それを投げる瞬間のスローモーションのところは、とにかく唖然とするシーン。他にも次々とダンサーがジャンプしていきますが、その高さが半端なく天井のライトに頭がつくぐらいの高さ。


ダンスを観るというより、次にどんなサプライズなシーンが行われるかを期待しまうステージ。ジャッジも開いた口が塞がらないほどのダンス?の数々。

でもこれは「ちょっとね~」なんか違うと思ったキングスのステージ。もっと本来の踊るという表現のダンスが好きなんですが?あなたはどう思いますか?

 シーズン3優勝ダンサーは100点満点!!

チャンピオン決定のシーンです。文句なしのジャッジ全員が出したオール満点。果たしてどのダンサーが優勝し、ワンミリオンダラーを手にしたのか?

これも読みたくなるシーズン1チャンピオン決定

これもさらに読みたくなるシーズン2チャンピオン決定