ワールドオブダンス2019(シーズン3)部門別決勝,ジュニアは三つ巴?

ワールドオブダンス2019(シーズン3)部門別決勝,ジュニアは三つ巴?

 シーズン3部門別決勝,ジュニア

応援していたケイラマック、ジュリアン&チャーリーズがこの部門別決勝までやってきました。出来たら2組とも残ってファイナルまで行ってほしいと思うのですが。dules(決戦)の時のようなRedemptions「救済」はないのか?

それとも新しい何かワイルドカード的なもので、ファイナルに進出できる方法があったらと思いました。ジュニアのメンターはディレク、3組の持ち味を引き出したアドバイスができたのか?

部門別決勝のダンサーは
Ellie and Ava (エリー&アヴァ)姉妹のコンテンポラリーデュオ

ジュリアン&チャーリーズ)ヒップホップデュオ

ケイラ・マック)コンテンポラリーバレエ

最初にステージに立つのは

Ellie and Ava(エリー&アヴァ)
 
流れるようなダンスは全くぶれることなく、きっちりフィニッシュする。時にはハードにそしてゆっくりとそのダンスは進んでゆきます。とっても綺麗なコンテンポラリーダンス

見ていると1人よりも2人のほうが迫力あるというか、コンビネーションの良さがわかります。2人で一緒にターンそしてジャンプへと続くシーンは見事と言うしかありません。

ステージから見える水の流れるスクリーンと床にも水が見える。それはHead Above Water
ジャッジ全員が綺麗なダンスだったと意見が一致。


 ジュリアン&チャーリーズ

ヒップホップ最高のコンビの2人と言っても過言ではありません。ここまで来たなら是非ともファイナルまで行ってほしい。ソロのダンスもさることながら、2人で組めば無敵のデュオ。

狂人さながらのダンスはBad And Boujee / Migos(ミーゴス)。悪とブルジョア?ゴージャスなゴールドのライオンのオブジェが見守る中、白い毛皮を脱ぎ捨てるとこれまたドギツイ色のシャツ。
 
ブルジョアしか成しえないコスチュームで踊る。それは世間をちょっと小ばかにしたようなダンス、これも他のダンサーとの違いをみせたシーンです。


 ケイラ・マック

バレエダンサーがこのダンス大会でも通用することを示したコンテンポラリーバレエ。あまりにも最初のステージが唐突すぎて、頭から離れません。

 
この大会ではソロはかなり不利とジャッジも言っていますが、そのジンクスを破ってほしいケイラ・マック。ソリストのバレエダンサーの魅力は何といってもターン。とっても綺麗な軸の全くぶれないピルエット。

そしてどもまで真っすぐに伸びる手としなやかな足。孤軍奮闘するソリストのバレエダンサーが選んだ曲
Never Tear Us Apart苦悩にもがくプリマドンナの渾身のダンスです。

このダンス大会のステージ曲としてダンサーがよく使うビショップ・ブリックスNever Tear Us Apart