テイラースウィフトコンサートチケット情報

World of Dance(ワールド・オブ・ダンス)2018シーズン2(CUT3)アッパーチーム対決

World of Dance(ワールド・オブ・ダンス)2018シーズン2(CUT3)アッパーチーム対決

 CUT3アッパーチーム対決

DIVISIONAL FAINAL(部門別対決)へ、3つの椅子をかけてバトルが始まる。ここではメンターとしてアドバスするのは、世界的有名ダンサーで振付師のポーラ・アブドゥルとジェナ・ディーワンの2人が一緒になってアドバイスをします。

Desi Hoppers
 
 
自分たちの個性を使って、独自のスタイルと創造性を強調したパフォーマンスがボリウッドダンス。全く何と言うか面白い、思わず笑ってしまうダンスが特徴です。

「メイデー、メイデー」の声から始まり、なんか変わった入り方。それから「ビー・ケアフル、シートベルトサイン」と飛行機に乗ったときの、[シートベルト着用のサインがでました]の放送が聞こえる。それだけ危険なダンス?それとも笑いが止まらないくらい面白いダンスかも?
なんか変な動物の格好をしたポーズとか、体を斜めにして両手を広げてみせるポーズとか、見ていて危険はありませんでした。そのユニークなダンスは、世界には類を見ないと思います。

最後は像の顔をしたポーズで、鼻と耳を思わせて締めくくるその発想も、ボリウッドダンスならでは。それもかなりうけるダンスです。

Embodiment
 
 
エンボディメント。メンターのポーラ・アブドゥル「振付に関しては世界的に有名」にダンスの修正をしてもらうことなる。クリーンで繊細なダンスを目指すには、ポーラのアドバイスが絶対必要になると思い。

ステージ曲に選んだのは、ソウルフルなバラード曲で「現代の三大ギタリスト」としても名を馳せるジョン・メイヤーの Gravity

その曲に見合ったダンスをするには、やはりポーラのアドバイス無くしてはできない。ジャネット・ジャクソンを一躍有名にしたその振付け師にかけて。

パワフルで美しいコンテンポラリーダンス。今までとはやっぱり違うダンスで、文句のつけようがない?かもしれません。なにせ振付師がポーラ・アブドゥルだけに。もしこれで破れたとしたらどうなるのでしょうか?

振付が良くなかった?それともダンサーが、それに対してうまくダンスできなかった?あなたならどう思いますか?最後はやり切った感がある表情が印象的でした。

 コネクション & Sランク

コネクション
 
登場からかなり気合の入った様子が見れる。チアリーディングばりのダンスで、会場を盛り上げるコネクション。軽快にダンスを繰り広げます。
 
メキシコ出身というお国柄、サルサなどのフロアーダンス、民族ダンスといった情熱系のダンスイメージが強い。でもコネクションは、ヒップホップダンス大会ではファイナリスト。
そのイメージを覆すハートのこもったダンス。Usher(アッシャー)の
Scream叫びを聞かせるアップテンポのダンスがイカしてる。
 

センターで踊っているヒゲのダンサー以外は、かなりのイケメンが多いダンスチームです。

Sランク
 
今までのステージにおいて高得点を叩き出したSランク、今回も同様にそのSランク級のダンスを見せてくれるのか?多分間違いないと思いますが、少しのミスも許されないCUT。

ここまで来ると、各ダンサーの得点差もあまりないのが気になります。

女性ダンサーが何やら試験管から液体を飲むシーンから始まり、それから腕をおるポーズ。これは何を意味するのか?2016年のグラミーで11ノミネート、5冠を達成したケンドリック・ラマーの曲DNA「遺伝子」。腕が曲がっても、もとに戻る遺伝子を持っているし、このDNAがあればなんでもできると言った表現のダンス。
 
Sランクの振付をしているのが、Melvin Timtim「メルビン・ティムティム」。ここのメンバーでもあり、 Hiphop International 2015 WORLDチャンピオン。彼のDNA「遺伝子」を受け継いだら、Sランク級のダンスができるということでしょうね。

ステージの最後はSの人文字。Sランクここにありといった感じで、やっぱりSランク級のダンス。今現在ではヒップホップダンス界NO1チームでしょう。あなたもそう思いませんか?
感動もののダンスシーン。
 
 
この中で踊っている女の子で、おかっぱ頭の子が気になり、日本人かなっと思い調べたら、韓国人でた名前はBailey Sok ベイリー・ソク、14歳。このダンス大会に出ているジュニアのケイシー・ライスと同い年。彼女もまた、ミレミアムダンススタジオでケイシーと一緒にダンスしています。
 
採点中にかかっていた曲がとてもいい感じの曲で、探してみたら見つかりました。Linkin Park、アメリカのロックバンドで、2003年の『メテオラ』から2012年の『リヴィング・シングス』まで、4作連続して全米初登場1位を記録するなど世界的人気を獲得したグループ。
 
バラード調の落ち着いた少し哀愁のある曲です。女の子のメンバーが神にも祈る気持ちで手をつないで、審査を待つその姿に流れてくるこの曲がぴったり。心にすうっと入ってくる感じ
曲はOne More Light
 

 Poreotics

ロボットダンス中心にダンスを繰り出すチームで、その発想がとっても面白い。今回はどんな展開が待っているの楽しみです。

ステージの周りに何か飛んでいるものがある。何んか見たことのある食べ物で、よく見るとドーナツ。アメリカのジェリードーナツをバックにして踊りだす。

その着ているステージ衣装も,ピンクのジャケットとホワイトのパンツ組み合わせも可愛い。Rakuten BRAND AVENUE

踊りだしてからバックグランドが花畑に変わる。ダンスの手の使い方が何やら、風車のような感じがするので、ここはオランダ?ステージの床もそれに合わせて花模様に。こういった演出をするところが他のダンス大会と違うところで、見ていて想像をふくらませてくれて楽しい。

チョウチョが飛んでるところや、花を表現するところもエンターテイメント満載のダンス。曲もクラシックの要素とポップ・センスとがうまく混ざり合った 「ヴァネッサ・カールトン」の曲

A Thousand Miles

多分一度は聞いたことあるこの曲、きれいなピアノ曲に反して歌詞の内容は失恋の歌みたいです。が、ダンスシーンはさわやかで、好感が持てる楽しいダンスです。

 The Ruggeds

オランダのブレイクダンスチームRuggesがここまでやってきた。ときおり見せるアクロバット的なブレイクダンスが特徴で、結構スマートにするところがいい。

これもジャスティン・ビーバーやリタ・オラと一緒になってツアーダンスをやってるからかもしれせん。

UKヒットメーカー、ルディメンタルのNot Giving it

「降参なんかしない、いろいろ失ったけど、降参はしない」その時のブレイクダンスのポーズ。ありえないポーズ、できるダンサーは少ないでしょうこれは!!

フロアーに手を着き、隣のダンサーに足を連続的にのせてゆき、また折返しそれの繰り返す。見たことないダンスシーンに興奮します。それは演出効果バツグンのダンスシーンです。

次のステージ「部門別対決」に進出したダンサーは?ダンスシーンを見れば大体わかります。残りはジュニアダンサーのCUT。ジュニアダンサーもかなりレベルが高い、見逃せません。

 ダンスシーン

デジホッパー

S ランク

Preotics

Rugges

 
 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で