World of Dance(ワールド・オブ・ダンス)2018シーズン2予選8

「World of Dance(ワールド・オブ・ダンス)2018シーズン2予選8」のアイキャッチ画像
Victoria Caban(ヴィクトリア・キャバン)
 
ジャージーシティ、ニュージャージー出身のジュニアダンサー、ヴィクトリア・キャバン14歳。コスチュームギャラリーのモデルもしている、ダンススタイルはフラメンコ。
 

ソロダンサーはほとんどがコンテンポラリーダンス。彼女はフラメンコスタイルでその違いを見せる。いや、見せつけると言ったほうが良いかもしれません。それほど情熱を感じるダンスです。

 

 
彼らのダンススタイルはとても魅力的で、ロマンティックなダンス。Pinkが歌うWhat About Us(わたしたちはどうなの?)わたしたちのダンスはどうなの?と訴えるダンスをどう評価するのか?
 
 
 
 
リフトをして回転させるのも、かなりの腕力がないとできない技を、いとも簡単にできるところがナイス。しかもそれがかなり優しいダンスのように見れます。

 THE PULSE(ザ・ポース)

ジュニアチームのボールルームダンサー。このチームもシーズン1からのカムバックですが、前回は映ってなかったように思います。

 

4組のペアーでボールルームするダンサー達。すこしスピード感が欠けるような気もしないのですが。女性はエレガントなダンスが出来るのが今までの傾向で、男性はパワフルな表現をしていました。少しだけパワフル感が少しないような感じも。

 
 
 
 
パワフルさが足りない分はこの曲Bailarでカバーする

  AVERY & MARCUS(エブリー&マーカス)

ロスアンゼルス、カリフォルニア出身のジュニアダンサー。コンテンポラリーとバレエのダンススタイル。バレエREDの芸術監督、ジョシー・ウォルシと一緒にバレエを学び、その強烈なバレエのテクニックを今回披露することになる。

 
 
 
 
片手でリフトをして、その回転力を使ってダンスする、キレのある動きがとってもいい。でも実際は同じような動きが、どのボールルームダンサーにも感じられる。あなたもそう思いませんか?
 
 
美男美女のカップル、現代のロミオとジュリエットかも?美しいダンサーを支える曲は Ⅹ・アンバサダーズ Jungle「変わり映えの全くしない、そんなお決まりの生活を今までやってきた」そんな生活とはおさらば!!このダンスを見れば

 FUNKY WUNKS(ファンキィ・ウォンクス)

オーランド、フロリダ州出身のアッパーチーム。ダンススタイルはヒップホップダンス。2015年にUSASF世界チャンピオン。ダンスの中心は黒人のダンサーでちょっとゲイっぽい動きに注目です。

 

ダンスを見せるという点では、大きな技を使うことなく、そつなくダンスするような感じがしました。流れるようにダンスするファンキーウォンクス。セクシーなダンスが特徴的なダンスチーム。

 

 

セクシーで独創的なダンスを演出するその曲名もSexy And I Know It

 Morning of Owl(モーニングオウル)

韓国出身のアッパーダンサー(モーニングオウル)。ダンススタイルはヒップホップ。そのスタイルは、マーシャルアーツやブレイクダンス、ストリートなどを入れた楽しいダンス。

 

 

そのいろいろな形のダンスを取り入りれたところが、かなり受けたみたいです。でもそんなにうまいとは感じなかったのですが、アピールするポイントを 「ケミカル・ブラザーズ 」のこの曲goでしっかり表現できたのも高評価かも。

 
最後はヒールだけで立つというところが、今までに見たことない技?でしょうか。
 
今回が最終予選です。次回からduels(決戦)になります。

 ダンスシーン

フラメンコスタイル
 
 
コンビネーションコンテンポラリー
 
ちょっとお姉なアッパーダンサー